病理診断科

当科について

科の特色・紹介

病理診断科部は、患者さんから手術、生検などにより摘出もしくは採取された組織、細胞について、それを顕微鏡的に検索し、正しい組織診断、細胞診断を下すことが第一の責務です。現代医学において、疾患の概念形成あるいは分類などは、殆どの場合病理学的所見を基盤として構築されており、病理診断は通常、最終診断として取り扱われます。

病理診断科部はその業務の性質上、患者さんと直接に接する機会はほとんどありませんが、臨床医(主治医)と患者さんの間に介在する「知識を持った第三者」として、現代の医療において極めて重大な役割を果たすものです。

モットー:「正確な病理診断は適切な治療の第一歩である。」