臨床検査科

当科について

科の特色・紹介

当科は、部長・技師長・課長 4名・係長 11名をはじめ総勢約 49名で構成されています。組織的には、第一検体検査課(一般臨床係、臨床化学係、免疫血清係)、第二検体検査課(微生物係、採血・患者サービス係、一般血液・検査情報係)、第一生理検査課(第一生理機能係、第二生理機能係、第三生理機能係)、第二生理検査課(第一超音波係、第二超音波係)の計 4課 11係に分かれています。

1. 検査業務

日常業務の範囲は、生理検査(一般生理機能、聴力機能、呼吸機能、超音波)、検体検査(血液一般、生化学、免疫血清、微生物、一般臨床検査)および採血業務に加えて、輸血管理課の業務(輸血関連の検査や製剤、管理)を兼任し、また健診センターの臨床検査部門や、乳腺外来(外科)の超音波及び耳鼻咽喉科(外来)での機能検査などへも出向して業務を行っています。

2. 救援・救護活動

近年、赤十字の国際救援・国内救護の現場にて、臨床検査のニーズが増加しています。大阪赤十字病院が保有する国内型緊急対応ユニットでは、手術室や入院設備を備えた病院レベルの医療が提供されるようになり、臨床検査部門では超音波検査や各種の検体検査に加えて、まもなく輸血関連検査がスタートする予定となっています。災害の現場においても良質な臨床検査データの提供と安全な輸血療法を実施するために、赤十字救護員として10名の技師(管理職を含む)が登録されています。

また国際医療救援部を兼務する技師1名が、日本赤十字社の国際救援活動における臨床検査機能拡充計画に携わる一方で、アジア、アフリカ、中米地域での国際赤十字による緊急救援、開発協力の現場で活動しており、バングラデシュ南部避難民救援事業においては、緊急対応ユニットのチームリーダーとして、初動班と最終班の2度にわたり派遣されました。

3. 勤務体系

平成19年9月から二交替制(変則)が実施され、夜間や休日などの非開庁時間帯においても常に2人の技師が生化学部門と輸血関連部門とに分かれて業務を分担し、検査業務を連携し合って行っています。

4. その他

医療における専門分化が進む中、臨床検査の分野も同様の趨勢にあり、各種学会が認定する専門技術士制度が広がっています。当院においても、日本超音波医学会認定超音波検査技師、日本臨床病理学会認定一級臨床病理技術士(血液学)、認定血液検査技師、認定臨床微生物検査技師、日本糖尿病学会認定糖尿病療養士らがそれぞれの領域で活躍中です。新たな資格の取得を目指して奮闘中でもあり、昨年度(平成29年)も4名が認定資格(超音波検査士、認定一般検査技師)を取得いたしました。

また、平成30年10月、臨床検査室の品質と能力に関する要求事項を定めた国際規格であるISO15189の認定を取得したことにより、当院検査科部の検査データは国際的に通用するより質の高い検査データであることが保証されました。

業務内容・診療実績

業務内容

臨床検査の精度について、日常の厳格な管理(精度管理)に加え、日本医師会や大阪府医師会、日本臨床衛生検査技師会等の種々の院外サーベイ及び各部門のメーカーコントロールサーベイに毎年参加。また、大阪府臨床検査技師会臨床検査データ標準化事業やJANIS(厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業)にも参加しており、その結果をもとに、精度の維持と更なる向上に努めています。

全診療科における各種疾患の診断・治療方針の決定・治療効果の判定に有用な臨床検査データを、正確かつ迅速に医療現場に報告するように努めています。この一環として、絶えずシステムの改善や更新が行われており、平成25年1月より電子カルテ導入に伴い、臨床検査システム(LINES)や一般血液検査システム、データ・バックアップ体制の強化、生理検査の画像データの処理能力アップなどが行われ、間もなく次期更新が行われようとしております。

また、検査の目的や検査結果の意義などを患者さんと直に話し合える、開かれた臨床検査科部作りにも努めており、糖尿病教室や栄養サポートチーム(NST)、感染制御チーム(ICT)へも積極的に参加しています。

診療実績

平成29年度の臨床検査取り扱い件数を院内・院外別に列記します。
・総取り扱い件数 5,188,427件
・院内検査件数 5,080,018件
(外来 3,576,419件 入院 1,503,599件)

※生理検査(外来 66,009件 入院 11,590件)を含む
・院外検査件数 108,409件

残余検体について

お知らせ・その他

地域の先生方へ

医療者として各人の資質向上を図る目的で、部内に学術委員会を設け、講演会や抄読会を、定期的に開催しています。各部門単位での学習会も自主的に開かれ、専門性の研鑚に励む一方、各種の学会や院外研究会への参加や、その主管を行っています。

当院のホームページにおいても、種々の医療情報の発信に努めたく思います。