• 背景色の変更
  • 文字サイズの変更

乳腺外科

Department of Breast Surgery

科の特色・紹介

当科は、以前から外科の中の乳腺外来として診療を行っていたが、乳癌診療の専門化の流れと、当科の再編成に伴い2008年4月から乳腺外科として、乳腺専門医を中心とした多職種から成る乳腺外科チームでの診療を開始しました。

日本乳癌学会認定施設、地域がん診療連携拠点病院として、乳癌の診断、マンモトーム、乳腺超音波、乳腺MRIを駆使した非浸潤癌の診断、早期乳癌に対する集学的治療、進行再発乳癌に対する集学的治療、乳癌術後連携パスを用いて紹介医との病診連携を実践しています。

対象疾患

乳癌(非浸潤癌、浸潤癌、Paget病)、葉状腫瘍、線維腺腫、乳腺症、女性化乳房症など

乳癌について
  • 女性の死亡率第5位、がん罹患率第1位で、生涯に乳がんになる確率が約9人に1人といわれています。
  • がんの中では罹患率は1位であり、40代の方に多い傾向ですが、すべての年齢層において増加傾向にあります。
  • 大きさや進行度のほかに、生物学的特徴(女性ホルモンに関係あるタイプかどうか、分子標的治療薬が使えるタイプかどうかなど)により治療法は変わりますので、患者さんにあわせたオーダーメイドの治療を行うことが重要とされています。
  • また非浸潤がんか浸潤がんかにより、治療法は変わります。

グラフィックス1.jpg

非浸潤がん

基本的には転移しないので、局所の病気として考えます。

浸潤がん

リンパ節や骨、他の臓器に転移している可能性もありますので、全身の病気として考えます。

診療実績

令和2年度

  • 入院(消化器外科含む)
延患者数  新入院患者数 一日平均患者数 平均在院日数
23,710人 1,856人 65.0人 11.4日

  • 外来
延患者数 新外来患者数 一日平均患者数
32,158人 739人 132.9人

  • 治療実績・手術実績
手術件数 163例
乳房温存率 55.8%
センチネルリンパ節生検数 105例
同時乳房再建数 5例
術前化学療法件数 21例

お知らせ

診療体制

1. 多くの専門家(乳腺外科医、放射線診断医、放射線治療医、病理医、検査技師、看護師、薬剤師、遺伝カウンセラーなど)がカンファレンスをしてより適切な診断、治療方針を決定しています 。

2. エビデンス(根拠のあるデータ)に基づいた集学的治療を行うことにあります。

グラフィックス2.jpg

当科での、初診日から入院までの流れ

  • 初診当日に診察、マンモグラフィを行い、乳腺エコーを予約します。
  • 乳腺エコーは完全予約制なので待ち時間は短く、鑑別が必要な病変にはその場で針生検を施行します。
  • マンモグラフィ及びエコー所見は、乳腺外科医と放射線診断医との画像診断カンファレンスで読影検討しています。
  • 確定診断後は、全身精査結果を基に、乳腺外科医、放射線診断医、乳がん認定看護師とのカンファレンスで患者さん個々の治療方針を決定しています。
グラフィックス3.jpg

乳がん診断時からのこころのサポート

  • がん患者さんの3分の1から2分の1の割合で精神的な障害を患っていると言われています。
  • 当院では乳がんと診断されたときに、「こころとからだのチェックシート」というセルフチェック形式の質問用紙を用いて、患者さんのこころの状態を把握します。
  • その結果をもとに、精神的なサポートが必要な患者さんには、臨床心理士さんによるカウンセリングに紹介し、治療前の早い段階から精神的なサポートを始めています。
  • 本チェックシートの、精神的サポートが必要な患者さんの抽出への有用性を、「乳癌の臨床、第30巻、第6号、2015年」に報告しています。

遺伝カウンセリング外来(毎月第1水曜日と第3金曜日)

  • 遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)は、乳癌全体の3-5%を占めています。
  • HBOCに関与する遺伝子として、BRCA1遺伝子とBRCA2遺伝子という2種類の遺伝子が同定されています。これらの遺伝子のどちらかに病的変異がある場合に、HBOCと診断されます。
  • HBOCでは、若い年齢での乳がんの発症、両方の乳房での乳がん発症、乳がんと卵巣がんの両方の発症が見られることがあります。
  • HBOCの患者さんの拾い上げは、乳がんの二次予防につながりますので、 HBOCに関するカウンセリングは重要です。
  • 乳腺外来の初診時に、家族歴を詳細に聴取しリスク評価を行い、 HBOCのリスクの高いそうな患者さんには、遺伝カウンセラーによる、より専門的な遺伝カウンセリング外来(自費診療)への受診をお勧めしています。
  • 遺伝カウンセリング後に、 HBOCのBRCA遺伝子検査を希望の方は遺伝子検査(一部の方は自費検査)を受けることができます。対象は、当院で乳癌手術を受けた患者さんと、その血縁者です。
  • 詳しくは、乳腺外科受付や乳腺外科スタッフにお尋ねください。

BRCA1/2の遺伝子検査

2020年4月の診療報酬の改定に伴い、家族歴がありHBOCが疑われる、乳癌または卵巣癌の基準を満たした患者さんには、保険診療としてBRCA遺伝子検査ができるようになりました。

BRCA遺伝子検査で遺伝子変異があった場合は、対側乳房、卵巣の予防切除も保険診療で可能となり、当科と産婦人科で予防切除を対応しています。BRCA遺伝子検査の基準を満たした患者さんには、その都度説明し、ご希望があれば検査等を実施しております。

実際の乳がん初期治療の流れ 

実際の乳がんの初期治療の流れ

術前化学療法

術前化学療法

化学療法の副作用対策 ~手のしびれの新たな予防方法~

化学療法の副作用対策 ~手のしびれの新たな予防方法~.

乳がんの手術

乳がんの手術

乳房再建の手術

乳房再建の手術

よくある質問

よくある質問

地域の医療機関の先生方へ

  • 令和3年度(5月~3月実績)
    紹介率 86.9% / 逆紹介率 257.7%

いつも乳がん術後連携パスにご協力頂き誠にありがとうございます。乳がんの術後経過は非常に長いので、乳がんだけでなく全人的にフォローするためには、地域の先生方との連携欠かせません。

当院の情報誌ラ・コンフィアンスや、紹介状の返信にも、乳がん診療についての情報を掲載しています。また、連携パス協力医や紹介医の先生方との情報共有のために、研修会「うえまち乳腺連携会」を、年1回に開催しております。先生方の乳腺疾患の診療の一助になれば幸いです。

学会発表・論文等

乳腺外科業績集(論文・学会発表)
トップに戻る