形成外科

当科について

科の特色・紹介

当院は、阪神間で最も早くから形成外科診療を始めた医療機関の一つであり、形成外科全領域において専門的な治療を行っています。
外傷、皮膚腫瘍、先天異常の患者さんについて多くの診療所や病院から紹介がありますが、 形成外科あてに患者さんを紹介してくださる診療科は、皮膚科、眼科、整形外科、外科、内科、小児科など、多岐にわたっています。

対象疾患・診療実績

対象疾患

(ア)外傷(けが)や外傷などの後遺症
1.体表面のどの部分にも起こりうる外傷
擦過創(すりきず)、切創、裂創(きりきず)、挫創 、熱傷(やけど)、電撃傷、化学熱傷
2.顔面に起こりうる外傷
鼻骨骨折、眼窩底骨折(ブローアウト骨折)、頬骨骨折、上顎骨折
3.手、足に起こりうる外傷
4.瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕
瘢痕(きずあと)、瘢痕拘縮(ひきつれ)、肥厚性瘢痕、ケロイド
(イ)腫瘍(できもの)
1.母斑・血管腫・良性腫瘍
色素性母斑、扁平母斑、太田母斑、異所性蒙古斑、脂腺母斑、表皮母斑、動静脈奇形、母斑症、脂肪腫、粉瘤、類皮嚢腫、脂漏性角化症
2.皮膚悪性腫瘍・がん前駆症
悪性黒色腫、有棘細胞がん、基底細胞がん、ボーエン病、ページェット病、日光角化症、隆起性皮膚線維肉腫
3.皮膚以外の悪性腫瘍
乳がん手術後の乳房再建、頭頚部腫瘍切除後の再建、その他の再建

(ウ)先天異常(生まれつき)
1.顔面に生じる先天異常
唇裂、口蓋裂、鼻咽腔閉鎖機能不全、先天性眼瞼下垂症、小耳症、副耳、耳垂裂、耳瘻孔(耳前瘻孔)、埋没耳、その他の耳介異常、第1第2鰓弓症候群
2.手足に生じるもの
合指症、合趾症、多指症、多趾症、その他の四肢先天異常
3.その他の部位に生じる先天異常
副乳、陥没乳頭、臍突出症(臍ヘルニア)

(エ)その他
1.褥瘡、難治性潰瘍
褥瘡、難治性潰瘍、下肢静脈瘤
2.その他
顔面神経麻痺、後天性眼瞼下垂症、毛巣洞、腹壁瘢痕ヘルニア、腋臭症

【ご注意】
(ア)形成外科は、他の診療科と診療範囲が重なっている部分があります。そのため、他の診療科が同じ疾患に対して治療を行っている場合があります。
(イ)疾患の症状や程度に応じて、形成外科のみでの対応が困難と考えられた場合は、他の診療科での治療をお願いする場合があります。
(ウ)外傷など緊急対応を要する疾患の場合、時間帯によっては対応できない場合があります。

 

診療実績

平成29年1年間の手術症例は、腫瘍(良性・悪性)238例、潰瘍42例、炎症・変性疾患は53例、外傷(顔面骨骨折含む)21例、瘢痕・ケロイド12例、先天異常25例、その他42例で、合計434例でした。

腫瘍は良性・悪性ともに、手術後のきずあとや機能障害が最小限になるように手術方法を選択しています。手術用顕微鏡を使って血管や神経をつなぎ、より適切で大きな組織を移植する方法も行っています。また、乳がん手術後の乳房欠損や変形などの再建も治療の対象です。

瘢痕拘縮、ケロイドは、手術に内服薬や貼布薬、電子線照射を併用する方法などを行って良好な成績を得ています。

先天異常については、唇裂・口蓋裂、小耳症、先天性眼瞼下垂等の顔面の先天異常、多指症・合指症等の手足の先天異常、臍ヘルニア(でべそ)などを得意としています。

腋臭症(わきが)の治療、睫毛内反(逆まつげ)の治療なども行っています。

また、下肢静脈瘤に対するレーザー治療もおこなっています。

手術適応と考えられる褥瘡に対しては、手術による治療も行っています。

お知らせ・その他

特殊医療機器について

  • 高周波メスを用いたホクロ、イボの治療
  • 皮膚灌流圧(SPP)測定装置
  • 下肢静脈瘤治療用半導体レーザー治療
  • ボトックス注射による原発性腋窩多汗症治療