麻酔科・集中治療部

当科について

科の特色・紹介

当院麻酔科・集中治療部は、昭和38年に開設され、市中病院では診療科として独立した麻酔科としては草分け的歴史があります。以来、多数の優秀な麻酔科専門医を送り出しています。

手術室での麻酔管理は勿論のこと、必然的に重症術後患者の治療にかかわるようになり、集中治療へと活動が拡がりました。

ICUでは内科・外科を問わず、呼吸・循環・代謝などの急性臓器不全をきたした重症疾患の治療を行っています。

高齢化社会となり、多くの持病をお持ちの方でも、安全かつ快適に手術をうけることが出来るよう、スタッフ一同、研鑽に励んでいます。

対象疾患・診療実績

対象疾患

手術室での麻酔管理は手術を行う外科系全科のみならず、骨髄バンクドナーの骨髄採取など内科が行う処置にも対応しています。また緊急手術に対しても24時間365日、当直・オンコール体制にて対応しています。小児手術や大手前整肢学園の障害児手術麻酔も行っています。

ICU・CCUは心臓血管外科・脳神経外科・消化器外科などの大手術の術後管理、院内発症や救命救急センターからの重症患者、急性心筋梗塞などの冠動脈疾患患者に随時対応出来るように麻酔科・集中治療部医師と心臓血管センター医師で対応しています。

診療実績

平成29年度分

年間の麻酔科・集中治療部管理 3,422件
小児麻酔(6歳未満) 167件
帝王切開術 15件
心臓血管手術(血管内手術を除く) 72件
胸部外科手術(呼吸器外科) 214件
脳神経外科手術の麻酔(開頭術のみ) 82件

お知らせ・その他

専門医研修について

2019年 麻酔科専門研修プログラム申請中

① 当院を基幹病院とするプログラムで研修を始める場合
  ・2019年度 定員は1名です。
  ・4年間のうち、1年程度は他院(京都大学病院または北野病院)にて研修を行うことになります。

② 他に、京都大学病院専門研修プログラム及び、北野病院専門研修プログラムの連携病院になっています。