精神神経科

当科について

科の特色・紹介

精神神経科は、昭和31年設立以来、総合病院(一般病院)における精神科として、長く大阪市の精神医療に携わって来ました。精神科医師7名のうち4名は精神保健指定医で、幅広く精神疾患の患者さんの診察と治療にあたっております。

大阪市内における精神科医療機関(特に入院病床)が少ない中で、本院は引き続き42床の精神科病床を維持し、大阪府・大阪市の精神医療に協力してまいります。

本院精神科の特色として、総合病院精神科としての利点を活かし、院内の他、診療科の協力を得て精神疾患患者さんの身体合併症の治療を重点的に推し進めていく方針です。

精神科外来と並行して、心理療法および心理検査を臨床心理士が行っています。

対象疾患・診療実績

対象疾患

外来診療では、統合失調症、躁うつ病、神経症、てんかん等の疾患の診察と治療を行っています。外来通院患者さんの症状が悪化したり、身体合併症が発生した場合に入院治療を行います。入院治療につきましては、医療連携の主旨に基づき、身体合併症を有する患者さんを中心に精神科病院・診療所からのご紹介に応じていく方針です。

なお、本院精神科の治療構造上、精神興奮等の急性期症状が持続される場合には、入院受け入れが困難であることから、その際には近隣の精神科病院に入院治療を依頼しています。

診療実績

・外来患者数:1日平均90人(3診)
 ・他診療科入院中の新患患者数:200人

お知らせ・その他

初診の患者さんへの診察について

初診の患者さんは、かかりつけ医から事前予約をされている方のみ診察させていただいております。

お申し込みなく来られた患者さんに関しては、お断りすることがありますのでご了承ください。

クロザピンによる治療抵抗性統合失調症の治療

●患者さん・ご家族へ

クロザピン(商品名:クロザリル)は、これまでに複数の抗精神病薬による治療を受けてきたにも関わらず、症状が十分に良くならなかった、治療抵抗性統合失調症の患者さんに対する切り札ともいえる治療薬です。

他の治療薬よりも有効性が高い反面、ごく稀に無顆粒球症・心筋炎・糖尿病などの重篤な副作用が出現することがあるため、治療開始は入院による厳密な身体管理のもとで行う必要があり、副作用の早期発見のために外来での定期的な検査も必要となります。

当院はクロザピン認定医療機関であり、当院血液内科、糖尿病・内分泌内科などとの連携のもとでクロザピンによる治療を行っております。

なかなか症状が良くならない統合失調症でお困りの患者さんやご家族は、まずは現在の主治医にクロザピン治療についてご相談ください。紹介状をお持ちになったうえで、いちど当院外来受診をお願いしております。

●医療関係者の方へ

紹介をお考えになる患者さんがいらっしゃいましたら、地域医療連携室までお問い合わせください。

臨床心理士による心理療法・心理検査について

思春期(青年期)の方とそのご家族をはじめ、治療上、必要と判断される患者さんに対して、臨床心理士が心理療法および心理検査を行っています。また、心理相談としてのカウンセリング・ ルームも設けています。
詳細はこちら