脳神経外科

当科について

科の特色・紹介

脳神経外科は、昭和38年に新しい専門診療科として開設された歴史と伝統のある診療科で、脳や脊髄などを冒す様々な疾病に関する病態の解明や外科的治療を担当しています。

当科は開設以来、この領域で世界をリードする京都大学と密接な関係を保つことにより、人材交流や先進医療技術の獲得をおこなっています。診療スタッフは、中枢神経系という非常に重要かつ繊細な組織を疾病から守るという強い意志と、いついかなる時でも診療を厭わない情熱を持っており、まさに24時間365日の診療体制で地域医療に貢献しています。

当院で行える治療法には、微細な構造物を拡大視できる顕微鏡を駆使し、精緻な操作で脳や神経の機能を損なうことなく病変を治療するマイクロサージェリーと、皮膚を大きく切開することなく内視鏡を使用して病変を治療する内視鏡手術、皮膚を切開せずマイクロカテーテルを使用して病変を治療する脳血管内治療があります。これらの治療法については優れた技術水準が認められ、専門医を訓練するための施設として学会から指定を受けています。

対象疾患・診療実績

対象疾患

脳動脈瘤(クモ膜下出血、未破裂)、脳動静脈奇形、脳出血、脳梗塞などの脳血管障害、各種の良性・悪性脳脊髄腫瘍、頭部外傷、正常圧水頭症、片側顔面痙攣・三叉神経痛・てんかん・パーキンソン病などの機能的脳神経疾患、椎間板ヘルニア・脊椎変性疾患などの脊髄・脊椎疾患など、幅広い脳・脊髄疾患を対象にしています。

マイクロサージェリー(開頭術、動脈バイパス手術、経鼻的下垂体手術、血栓内膜剥離術、各種脊椎手術等)を中心に、血管内手術、CT定位脳手術、神経内視鏡手術、深部脳電気刺激療法、低脳温療法、各種化学療法、放射線療法等を組み合わせた、集学的治療を行っています。

診療実績

当科の治療方針に関する基本姿勢は、神経系疾患という特殊で治療困難な病態とその自然歴を、患者さんにも充分に理解していただいた上で、それぞれの患者さんの機能予後を最も重視した治療法を選択し、高水準の技術を駆使して確実に成果をあげるというものです。時には非常に困難な症例にチャレンジすることもある一方、確かな効果が明らかになっていない手術はお勧めしません。このような姿勢のもとで、年間約300 件の各種手術を行っています。地域の中核病院として困難な手術を多数行っているにもかかわらず、代表的手術である開頭術の最近12 年間の手術死亡は0.1%以下と、世界的な有名施設からの報告と同程度以上の好成績をあげ、患者さんへのアンケート調査では常に100%近い回答率があるなど、治療を受けていただいた患者さん自身からも高い信頼を得ています。