心臓血管センター 不整脈内科

当科について

科の特色・紹介

当科は、心臓の病気のなかでも不整脈の治療を専門に行う診療科です。不整脈の専門家は全国的にも限られていますが、当院ではその専門家を擁しており、不整脈専門の特殊な解析・治療システムを導入して治療に成果をあげています。当院は、その活動が評価されて、全国の赤十字病院の中で唯一、循環器内科から独立した専門科として「不整脈内科」の設置が認められています。

不整脈による自覚症状はさまざまで、脈が飛んだり抜けたりする感じがしたり、訳もなく脈が速くなってドキドキしたりすることもあります。また、血の気が引いてめまいを起こしたり、極端な場合には意識を失って倒れることもあります。このような症状があれば、不整脈の可能性が考えられますので、受診が必要です。一方、検診などで自覚症状がなくても不整脈が見つかることもあります。不整脈といわれたからといってすぐに心配することはありませんが、なかには自覚症状がなくても治療が必要な不整脈もあります。そのまま放置してもよいのか、治療が必要なのか、受診していただければ疑問にお答えします。

不整脈は、心臓に病気を持つ人に起こる場合も多く、当科では循環器内科などと協力して不整脈に関係している疾患の治療も行います。特に当院では循環器内科、心臓血管外科と共に三科で心臓血管センターを形成しており、協力して患者さんに最適な治療を行っています。また、救急治療は当科にとっても重要領域であり、循環器内科と協力して24時間患者さんに対応しています。緊急の際は、いつでもご連絡ください。

不整脈の治療は、以前は基本的にはお薬を飲むしかなく、脈が極端に遅い場合にペースメーカを植え込む治療しかありませんでした。しかし現在では、不整脈の治療は様変わりし、お薬をのまなくてもいいように、カテーテルを用いて不整脈を根治させるカテーテル・アブレーション術が開発され、当院でもすべての頻脈性不整脈に対してこの治療を導入し、高い成功率を誇っています。さらに、そのままでは命に関わる危険な不整脈が起こったときに、電気ショックで不整脈を元に戻してくれる器械(植え込み型除細動器;ICD)を植え込んだり、ある種の心電図異常を伴った場合に、悪くなった心臓のポンプ機能を改善させる器械(両室ペースメーカ;CRT)を植え込むことができます。これらの器械はどの病院でも治療できるわけではなく、不整脈専門の認定施設でのみ治療が認められていますが、当院ではいち早くこれらの器械の植え込み認定施設となり、多くの器械の植え込みを行ってきました。もちろん不整脈治療の基本がお薬であることには変わりはありませんが、当院では患者さんのご希望をお聞きしたうえで、上記の治療方法を組み合わせて病状にあったトータルな治療を行っております。不整脈について何かお困りのことがございましたら当科にご相談ください。

対象疾患・診療実績

対象疾患

脈が遅くなる洞不全症候群や房室ブロックなどの徐脈性不整脈、脈が速くなる発作性上室性頻拍、心房粗動や心室頻拍などの頻脈性不整脈、さらには脈がばらばらになる心房細動などすべての不整脈が対象です。WPW 症候群、ブルガダ症候群、QT 延長症候群といった特殊な不整脈も扱っています。さらには重症心不全や不整脈が関連した心不全、主な病態が不整脈の心臓病も当科の対象となります。また、神経調節性失神などの失神発作も当科が専門に扱います。

診療実績

昨年は、各種不整脈に対して年間約200例の心臓電気生理学的検査を行っています。徐脈性不整脈の患者さんに対しては、年間約90例の永久ペースメーカを植え込んでおり、頻脈性不整脈や心房細動の患者さんに対しては、年間約190例のカテーテル・アブレーションを行っています。そのほか致死性不整脈の患者さんに対する植え込み型除細動器(ICD)の植え込みは、年間約30例行っています。

お知らせ・その他

特殊検査・専門外来

外来では、トレッドミルによる運動負荷心電図、ホルター24時間記録心電図、イベント記録心電計などを駆使して不整脈を検出し、心臓超音波検査(心エコー)、CT、MRI、核医学検査(RI)などでその原因となる心臓病のチェックをします。そして入院していただいて、心臓電気生理学的検査や冠動脈造影などの心臓カテーテル検査で最終的な診断を行います。不整脈発作の頻度が少ないため、症状の原因となる不整脈が特定できない時には、植え込み型心電モニタの手術も行っています。
 ペースメーカ、植え込み型除細動器、両室ペースメーカなどの器械のチェックは、毎週月曜日の午後に専門外来で行っています。

心房細動に対するカテーテル・アブレーション

心房細動は最近増えてきている不整脈の一つで、脈が早くなったり乱れたりするために、動悸などの強い自覚症状が出現したり、心不全を引き起こすことがあり、また心臓のなかに血栓ができて、脳梗塞の原因になったりします。現在では、カテーテルによって治療する方法が一般的になり、当院でも適応があれば積極的に行っています。不整脈を抑えるお薬の効果が不十分な方や、心房細動が持続するようになってから数年以内の方は、カテーテル治療がよい対象になる可能性が高いので、ご相談ください。

1)治療の流れ

事前に、3次元CT検査や血液検査などを必要に応じて行い、通常、入院翌日に治療を行います。カテーテル治療室では、苦痛を和らげるために点滴の鎮静薬を使用して休んでいただき、そけい部や右頚部からカテーテルを挿入し、心臓内エコーを用いて、安全に左心房にカテーテルを進めます。当院では、カルトシステムやエンサイトシステムという3次元マッピングシステムを導入しており、事前に撮影した3次元CTを用いて、正確に左右の肺静脈周囲の左心房の構造を把握し、高周波、冷凍バルーン、ホットバルーンのうちから最適な方法を症例ごとに選択して治療を行っています。

また、症例によって心房に線状や自由壁への焼灼を追加することもあります。手術時間は約2−3時間で、病室に戻ってからは止血のために数時間安静にしていただき、問題がなければ、翌日、退院可能です。

2)治療の効果

術後は、一時的に血栓や不整脈が起こりやすくなることがあり、数ヶ月は抗血栓薬と抗不整脈薬を内服していただきます。効果は背景因子によって異なりますが、1回の治療で発作性心房細動では70-90%、慢性心房細動では60-70%で発作のコントロールが可能になります。治療後も発作が起こる場合には2回目の追加治療を行い、これにより9割以上で発作のコントロールが可能です。

3)合併症

カテーテル挿入部に内出血のため、あざやしこりができたりすることがありますが、時間とともに消失します。重篤なものとして、脳梗塞や一過性脳虚血発作、心タンポナーデ、肺静脈閉塞、胃蠕動障害、横隔神経麻痺、左房食道瘻などがあります。