小児科

当科について

科の特色・紹介

【いつでも、どんな小児疾患にも対応】

  1. 一般診療(感染症、急性疾患)
  2. 専門診療(専門外来: アレルギー、リウマチ、血液・がん、腎臓、心臓、神経、内分泌・代謝、未熟児)
  3. 救急(24時間、365日:1次~3次、救急科とともに)
  4. NICU/GCU(新生児・未熟児科とともに)
  5. 障害児医療(大手前整肢学園とともに)
  6. 重症小児医療(ICUとともに)
  7. 境界領域医療(小児外科、脳神経外科、整形外科、形成外科等とともに)
  8. 移行期医療(15歳以上患者さんへの小児医療継続)

【高度小児医療】

  1. 日本小児科学会認定研修支援施設
  2. 日本専門医機構認定小児科基幹施設
  3. 地域周産期母子医療センター
  4. 日本小児科学会認定地域小児科センター(救急+NICU型)
  5. 臓器別専門医療(アレルギー、血液・がん、神経、リウマチ、腎臓、心臓、内分泌・代謝)
  6. 重症小児医療(心肺停止、急性呼吸不全、痙攣重積、急性腎不全、急性心不全、多臓器不全、DICなど)
  7. 京都大学医学部学生の臨床実習施設
  8. 大阪府アレルギー疾患医療拠点病院
  9. 大阪府難病診療連携拠点病院

【小児病棟】

  1. 小児病棟:55床[小児科33床、小児外科系3床(個室15床、陰圧隔離病室2床、陽圧準無菌室6床)]
  2. 新生児・未熟児:12床[NICU6床、GCU6床]
  3. 整肢学園:60床

【学会施設認定】

  1. 日本小児科学会認定研修支援施設
  2. 日本専門医機構認定小児科基幹施設
  3. 日本周産期・新生児医学会専門医制度(新生児)研修施設(指定施設)
  4. 日本アレルギー学会認定教育施設(小児科)
  5. 日本血液学会認定研修施設
  6. 日本小児血液・がん学会専門医研修施設
  7. 日本小児神経学会認定・小児専門医研修認定施設関連施設

対象疾患・診療実績

対象疾患

次のとおり、小児科疾患全般を取り扱っています。


(1)一般診療(感染症、急性疾患:24時間・365日対応)
  • ①平日:午前は、HOTラインのご紹介で副院長・部長・副部長が診察します。時間外は、担当医が診察します。
  • ②夜間・休日:救急担当の小児科医が対応します。
    必要に応じて、入院加療しております。

(2)専門診療(専門外来:アレルギー、リウマチ、血液、腎臓、心臓、神経、内分泌・代謝、未熟児の8領域の疾患に対応)
  • ①アレルギー疾患(担当:住本副院長[専門医・指導医]、安西医師[専門医]、肥田医師、巽医師、中道医師)
  • (ア)気管支喘息
     年間約300例の新患と約800例の長期管理を、ガイドラインに則って行っています。乳児喘息の診断・鑑別や呼吸機能検査、呼気NO検査、モストグラフ、環境指導、患者指導を積極的に行っています。小学生以上は、自己管理ができるように、日誌、JPAC、ピークフローモニタリング等を活用し、発作時は当院救急外来を受診し、包括的な治療を受けていただき、また、患者さんに合わせたオーダー・メイド治療を施行しています。
    (イ)アトピー性皮膚炎
     乳幼児の食物、環境因子のアレルギー診断、除去食、スキンケア、軟膏治療(プロアクテイブ療法)などの指導をガイドラインに則り施行しており、重症の場合は、治療・教育目的の入院も可能です。
    (ウ)食物アレルギー
     アナフィラキシーの原因やアトピー性皮膚炎の悪化要因を調べるため、診断、除去食、指導、経口負荷試験を行なっています。平成25年8月からは、日帰り入院の経口負荷試験も開始(8人/週)し、専属医師と看護師の充分な観察のもとに、除去されていた食べ物(卵黄、卵白、牛乳、うどん)を少量ずつ食べてもらい、アレルギー反応の有無を判定します。判定結果に基づき、除去解除、除去継続、緩徐経口免疫療法の3群に分け、外来でのアフターケアを行っています。不必要な除去食を解除し、なるだけ食べられるように努めています。
    (エ)アナフィラキシー
     主に救急外来での対応となります。アナフィラキシーの原因を特定し、除去指導します。必要な患者さんにはエピペンの処方や指導を行なっています。食物が原因の場合は、上記の(ウ)の対応を行なっています。
    (オ)チーム医療
     上記アレルギー疾患に対して、医師のみならず、看護師(エデュケーターを中心に)、薬剤師、栄養士などが連携・協同して治療にあたっています。具体的には、看護師による入浴・スキンケア・軟膏指導やPEF/喘息日誌の付け方指導、薬剤師による吸入指導、栄養士による栄養指導などです。
    (カ)アレルギーセンター
     平成30年6月1日に、当院が「大阪府アレルギー疾患医療拠点病院」に選定されたことを受けて、院内に「アレルギーセンター」を設置しました。アレルギー疾患をお持ちの患者さんを、科を越えて診療するセンターです。小児科としては、呼吸器内科、皮膚科、耳鼻咽喉科や眼科などと協力して、より重症の患者さんの診療にもあたるつもりです。

  • ②リウマチ・膠原病・自己炎症性疾患・免疫不全(担当:住本副院長)
     若年性特発性関節炎(JIA)、SLE、皮膚筋炎をはじめとする小児膠原病、周期性発熱などの自己炎症性疾患、潰瘍性大腸炎などの診療を行っており、必要な方には、生物学的製剤(アクテムラなど)の投与も行っています。また、原発性免疫不全症・自己炎症性疾患などの免疫異常症の診断・治療を京都大学などと協力して施行しています。

  • ③血液・腫瘍疾患(担当:藤野副部長[専門医・指導医])
  • (ア)腫瘍疾患
     大阪府小児がん連携施設連絡会参加施設の1つとして、小児外科をはじめとした他診療科との連携の下、患者さんやご家族に安心していただける正確な診断と患者さんの状態に応じた適切な標準治療を心がけています。
     小児白血病、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群、組織球症などの造血器腫瘍は日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)、小児白血病研究会(JACLS)、小児血液・がん学会各委員会プロトコ-ルに則った多施設共同治療研究としての抗がん剤治療を、固形腫瘍は小児がんプロトコ-ルに則った治療を行なっています。小児病棟には凖無菌室を6室完備しています。外来化学療法は、外来通院治療センターの小児専用の個室にて施行しています。また、京都大学、大阪府立母子保健総合医療センターをはじめとする小児がん拠点病院と協力しながら、ガイドラインに沿った造血細胞移植も施行しています。
    (イ)非腫瘍疾患
     赤血球疾患(鉄欠乏性貧血、遺伝性/非遺伝性溶血性貧血、再生不良性貧血など)、白血球疾患(自己免疫性/先天性好中球減少症、好中球/好酸球/好塩基球増加症、好中球機能異常症、貯蔵疾患など)、止血疾患(血小板減少症、血小板機能異常症、凝固異常症など)の診断と治療を行っています。院内の臨床検査科部や院外の検査機関(大阪府赤十字血液センターなど)に協力を仰ぎ、最小限の検体による適切な診断を心がけています。

    ④腎臓疾患(担当:住本副院長)
     腎炎、ネフローゼ症候群をはじめとする、血尿・蛋白尿を呈する疾患(家族性血尿、無症候性血尿、起立性蛋白症、紫斑病性腎炎、尿路奇形など)の診断・治療を行なっています。不必要な運動や食事制限を解除するよう心がけています。IgA腎症をはじめとする慢性腎炎の場合は、入院のうえ腎生検で組織を確認し、各種薬剤治療を行っています。ネフローゼ症候群の初発例は、PSL国際法(2ケ月間)を行っています。難治例では、CyAを始めとする免疫抑制剤、ステロイドパルス療法、生物製剤(リツキシマブ)の投与を行い、内服ステロイド量の減量・中止に努めています。

    ⑤循環器疾患(担当:葭井部長、竹川医師)
    (ア)川崎病
     年間40~50例を診療しています。診断基準に基づき診断し、免疫グロブリン大量療法を行い、反応不良の患者さんには適切な追加治療を行なっています。
    (イ)先天性心疾患
     超音波検査、カラードップラーによる血流イメージ、心機能計測、心電図、ホルター心電図などの診断を行っています。
    (ウ)不整脈
     WPWやQT延長症候群などの不整脈は、心電図、ホルター心電図、APT試験などで積極的な診断を行なっています。専門的な検査や手術が必要な患者さんには、大阪市立総合医療センターや国立循環器病研究センターなどを紹介しています。

    ⑥神経・精神疾患(担当:坂本副部長[専門医]、葭井部長)
     てんかんには脳波、CT、MRI、さらに必要に応じてSPECT による脳血流検査も施行し、抗てんかん薬による治療を施行します。
     遺伝・染色体性神経疾患は、ご家族の希望があれば専門施設と協力し、精査・治療に努めています。
     脳性麻痺など肢体不自由児の機能訓練は、同じ敷地内にある大手前整肢学園で行っています(担当:奧野副部長(専門医))。

    ⑦内分泌・代謝疾患(担当:野村医師)
     低身長、甲状腺疾患、思春期早発症などの内分泌疾患や若年性糖尿病などの代謝疾患などの診断、治療を行なっています。また、先天性代謝疾患は、福井大学と協力して、診断・治療を行なっています。

    ⑧新生児・未熟児: 新生児・未熟児科を参照

    ⑨その他
    (ア)消化器疾患
     超音波検査、CT検査、MRI検査を施行し、必要があれば小児外科医や消化器内科医と協力して、消化管造影検査(上部、下部)や内視鏡検査(上部、下部)、pHモニタリング検査を施行。
    (イ)呼吸器疾患
     ヘリカルCT検査を施行しています。
    必要があれば、耳鼻咽喉科医や呼吸器科医と協力して内視鏡検査を施行しています。

    (3)救急疾患
     原則、24時間365日対応しています。下記が対応表です。
 小児救急疾患対応表(平成30年10月現在)
  平日
9:00~17:00
夜間(17:00~翌朝9:00)
休診日
担当医
小児内科疾患 小児科医
小児外科疾患 小児外科医(小児科医)
頭部外傷 救急医(脳外科医/小児科医)
切創* 救急医(形成外科)
骨折 × 整形外科医
熱傷 形成外科医(小児科医)
気道・食道異物 耳鼻科医(小児科医)
消化管異物 小児科医(消内医・児外医)

〇:対応可、△:無理な場合あり、×:対応不可

*:顔面等は、形成外科医不在時はお断りすることがあります。
先ず、救急あるいは小児科医にご連絡ください。
例外的な場合もありますが、ご了承ください。


(4)重症心身障害児など
附属の大手前整肢学園が窓口になっています。

(5)重症疾患
集中治療部医・小児外科医と協力してICUで呼吸管理、低体温療法、血液透析、血漿交換など  
の集中治療を行っています。心肺停止、痙攣重積、呼吸不全、腎不全、心不全などの重症患者を受け入れています。

(6)境界領域医療(小児外科、脳外科、整形外科、形成外科等とともに)
内科疾患以外の境界領域にも、必要な患者さんには小児科医として関っています。

(7)移行期医療(15歳以上の患者さんへも)
小児期に発症した疾患を持った患者さんが、15歳以上になった時に、うまく成人科に移行できにくい場合は、しばらく小児科医が診療しています。

診療実績

平成29年度
・年間入院延患者数:2,941 人(正常新生児除く:2,379 人)
・平均在院日数:5.8日
・年間外来延患者数:14,750 人
・紹介率:94.6%

ICD-10分類による疾患別症例数 入院患者数 合計
2,379人
1. (A-B)感染症(溶連菌感染症、ロタウイルス腸炎、麻疹など) 236人
2. (C)新生物・血液疾患(白血病・悪性リンパ腫) 23人
3. (D)血液疾患 (ITP,再生不良性貧血など) 37人
3. (E)内分泌、代謝疾患(低身長、脱水症、慢性甲状腺炎など) 49人
4. (F)精神および行動の障害(摂食障害など) 18人
5. (G)神経系の疾患(細菌性髄膜炎、無菌性髄膜炎、てんかん、脳症など) 57人
6. (H)眼疾患、耳疾患(中耳炎、顔面神経麻痺など) 6人
7. (I)循環器疾患(不整脈、心不全、心筋炎など) 10人
8. (J)呼吸器疾患(クループ、扁桃炎、肺炎、細気管支炎、気管支喘息) 918人
9. (K)消化器疾患(口内炎、虫垂炎、肝機能障害、胆管拡張症など) 33人
10. (L)皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、多形性紅斑など) 57人
11. (M)筋骨格筋疾患(川崎病、膠原病など) 83人
12. (N)尿路生殖器疾患(腎孟腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群など) 44人
13. (P)周産期に発生した病態(新生児無呼吸、RDS、低出生体重児など) 235人
14. (Q)先天奇形・染色体異常(先天性心疾患、水腎症、21トリソミーなど) 18人
15. (R)症状、徴候(熱性痙攣、痙攣重積など) 182人
16. (S-T)損傷、中毒など(異物誤嚥、アナフィラキシーなど) 342人
17. (V-Z)その他 31人

退院患者の推移(年度)

年度(平成) 21 22 23 24 25 26 27 28 29
合計 1,797 1,895 1,720 1,623 2,003 2,375 2,475 2,454 2,379

お知らせ・その他

地域の先生方へ

・患者さんのご紹介
 原則、いつでも、どんな患者さんにも対応いたします。
 緊急を要する患者さんのご紹介は、お電話をいただければ対応いたします。
 平成27年度から、「小児科HOTライン」を設けました。
 交換手を介さず、直接、小児科医につながります。


・ご紹介の実際
(1)当日のご紹介

①平日の診療日は、小児科HOTライン(06-6774-5123)にお掛けください。

午前:副院長、部長または副部長(住本・葭井・藤野)

午後:時間外担当医

紹介状のコピーを、地域医療連携室にFAXで送信してください(FAX番号 06-6774-5126)

②夜間や休診日は、当院代表電話(06-6774-5111)にお掛けいただき、小児科担当医 を呼び出すよう

 ご依頼ください。

①・②の場合とも、患者さんに紹介状を持参して来院するようご案内ください。

(2)事前のご紹介
 午前の臓器別担当医に、地域医療連携室を通じてお願いします。
 (担当医が不明な場合は、月曜日の部長外来をご紹介ください)
【専門外来】
初診・紹介 神経 アレルギー
リウマチ・アレルギー 内分泌・代謝  
アレルギー 心臓  
腎臓・アレルギー 神経  
血液 アレルギー 重心

・小児科勉強会(クリニカルカンファレンス)のご案内
 昭和60年より月1回、ご紹介いただいた近隣の先生を対象として、小児科勉強会を開催しています。
 毎回約30人の先生方にご来院いただき、できるだけ顔が見える双方向の交流を目的としています。
 毎月第4木曜日の15時00分~16時30分に開催しています。テーマはその都度、ダイレクトメールで送らせていただいております。お気軽にご参加ください。
 ご参加ご希望の先生がおられましたら、住本(sumimoto@osaka-med.jrc.or.jp)にご連絡ください。

【最近のテーマ(平成30年)】

回数 開催月 テーマ
294 1月 過去1年間の熱性けいれんのまとめ
295 2月 当院における児童虐待発生予防の取り組み
296 3月 当院での過去5年間のネフローゼ症候群のまとめ
297 4月 RAST高値の当院食物アレルギー患者の経過・予後について
298 5月 過去3年間の肺炎の入院症例の検討およびその合併症の症例報告
学術業績(平成29年度)
学会・研究会発表
演題 発表者 学会・研究会 年月
好中球性皮膚症と指趾先端の壊死を伴う治療抵抗性血管炎症候群の4歳女児 西谷真彦、井澤和司、仁平寛士、日衛嶋栄太郎、田中孝之、河合朋樹、八角高裕、西小森隆太、平家俊男、藤野寿典、住本真一 第25回近畿小児リウマチ・膠原病研究会 2017/4
小児の咳嗽診療 住本真一 中央区南医師会校医部会研修会・総会 2017/6
喘息合併・非合併スギ花粉症に対する舌下免疫療法 第3報 森田恭平、吉村千恵、池田浩己、中治仁志、住本真一、藤谷宏子、与那嶺裕、康 勲、山田勝彦、水上健之亮、長富成守、松谷之義、多木誠人、黄文、西坂泰夫 第66回日本アレルギー学会学術大会 2017/6
好中球性皮膚症及び進行性指趾虚血を伴う難治性高安病の1例 藤野寿典、住本真一他 第41回小児皮膚科学会学術集会 2017/7
新生児消化管アレルギーと考えられた二絨毛膜二羊膜双胎の一例 今井千恵他 第53回日本周産期新生児医学会学術集会 2017/7
食物アレルギー児と家族を対象とした当院でのエピペン講習会の試み 中道恵里那他 第34回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会 2017/7
視床下部LCHの1成人例 藤野寿典, 野村安隆, 住本真一 第71回小児がんカンファレンス 2017/8
湿性咳嗽と貧血を主訴に当院へ紹介となった1例 杉田亮 第53回大阪小児呼吸器談話会 2017/9
鼻出血後の著明な貧血を契機に発見された血小板無力症の一例〜鼻出血から易出血性疾患を見つけるための後方視的因子分析〜 今井千恵他 豊能広域こども急病センター救急医療研究会 2017/9
学童期のアトピー性皮膚炎患児への介入~アドヒアランス向上を目指して~ 中田敬介 第10回近畿小児アレルギーケア研究会 2017/9
漿膜炎が主体であった全身性エリテマトーデスの腹水性状を経時的に観察できた一例 今井千恵他 第217回内科近畿地方会 2017/9
コルヒチンが有効と思われた反復性無菌性髄膜炎の1例 赤澤嶺, 肥田晋矢, 巽亜子, 内藤拓人, 中道恵里那, 新居敏, 安西香織, 杉田亮, 竹川麻衣, 野村安隆, 坂本晴子, 藤野寿典, 葭井操雄, 住本真一, 井澤和司, 西小森隆太 第27回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2017/10
肺胞出血で発見された抗GBM抗体陽性の2歳女児の1例 杉田亮, 赤澤嶺, 寺面浩武, 原田太郎, 巽亜子, 内藤拓人, 中道恵里那, 新居敏, 安西香織, 竹川麻衣, 野村安隆, 肥田晋矢, 坂本晴子, 藤野寿典, 葭井操雄, 住本真一 第27回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2017/10
t(8;14)(q24;q32)転座を有するB前駆細胞性急性リンパ性白血病の1例 赤澤嶺, 藤野寿典, 新居敏, 寺面浩武, 巽亜子, 中道恵里那, 内藤拓人, 安西香織, 杉田亮, 竹川麻衣, 野村安隆, 肥田晋矢, 坂本晴子, 葭井操雄, 住本真一 第59回小児血液・がん学会学術集会 2017/11
小児の呼吸器系疾患・消化器系疾患・アレルギー疾患への対応 竹川麻衣、住本真一 小児救急医療研修会 2017/11
当科で経験した頭頸部傍髄膜胎児型横紋筋肉腫 赤澤嶺, 藤野寿典, 肥田晋矢, 神鳥達哉, 加藤格, 才田聡, 梅田雄嗣, 住本真一 第36回京都大学小児血液腫瘍研究会 2018/2
こどもの喘息 住本真一 第5回大阪吸入~多職種連携~の会 2018/2
結節性多発動脈炎(PAN)が疑われた4歳女児例 肥田晋矢、赤澤嶺、寺面浩武、原田太郎、新居敏、安西香織、野村安隆、藤野寿典、住本真一 第31回近畿小児科学会 2018/3
小腸ポリープによる腸重積症の乳児例 寺面浩武、野村安隆、林宏昭、原田太郎、新居敏、肥田晋矢、藤野寿典、住本真一、高田斉人、大野耕一 第31回近畿小児科学会 2018/3
溶連菌感染後糸球体腎炎治癒5年後に発症したANCA関連腎炎の1例 巽亜子、野村安隆、新居敏、中道恵里那、安西香織、肥田晋矢、竹川麻衣、藤野寿典、住本真一、藤丸季可 第31回近畿小児科学会 2018/3
ショック状態で救急搬送された、体重10kgの脳性麻痺成人例 中道恵里那、野村安隆、坂本晴子、赤澤嶺、新居敏、竹川麻衣、肥田晋矢、藤野寿典、葭井操雄、住本真一 第31回近畿小児科学会 2018/3
堺市認定こども園・認可保育所における医療的ケア児・障害児巡回療育相談の経験 坂本晴子、内藤拓人、住本真一、坂野理恵、近藤芳広 第31回近畿小児科学会 2018/3
鼻出血の研究〜どんなときに出血性疾患を疑うか〜 今井智恵、河上千尋、武田摂子、寺前雅大、金川奈央、黒柳裕一、平清吾、坂良逸、小川哲、玉井浩 第31回近畿小児科学会 2018/3