各がんの解説EXPLANATION

膀胱がん

  

膀胱がんについて

腎臓で作られた尿は尿管という細い管を通り、膀胱にたまります。膀胱は300~500ml程度の尿をためることができ、骨盤の中の恥骨の裏側にあります。

膀胱や尿管、腎盂(じんう:腎臓で尿を集めるところ)の内腔(うちがわ)は移行上皮という粘膜で覆われていて、ここにある細胞から発生したがんが膀胱がんです。

膀胱がんは50歳以上の方に多くみられます。男女比は男性が女性の2~3 倍です。様々な研究が行われていて、現在では喫煙や特定の化学物質が膀胱の発がんに関係することがわかっています。

当院での膀胱癌治療件数は大阪府下で有数であり、種々の病状に多くの経験を有しています。

表在性乳頭状がん

悪性度の低いがんで、膀胱の内腔(膀胱の内面)にできますが、根は浅く、表面は乳頭状(カリフラワーの様)で狭い茎を持っています。内視鏡的に治療できますが、半数以上の患者さんで膀胱内に再発します。がんの深さは粘膜の下に及ぶ場合もありますが、膀胱の筋肉の層には達しません。

浸潤性がん

悪性度の高いがんで、根が広く膀胱の壁の深いところまで浸潤する傾向があり、転移することもあります。膀胱摘出、抗がん剤の使用、放射線療法など、体に負担のかかる治療が必要となります。

膀胱がんの診断について

膀胱がんの症状で一番多いのは痛みのない血尿です。目で見て分かる血尿が出た場合は、必ず泌尿器科専門医に相談してください。そのほかには尿の回数が多い、排尿時の痛み、排尿後もスッキリしない、などの膀胱炎のような症状の場合もあります。膀胱炎がなかなか治らないと感じたら、泌尿器科専門医の診察を受けましょう。

膀胱がんの検査について

  1. 尿検査:尿中に血液が混じっているか確認します。
  2. 尿細胞診:尿に混じる細胞を顕微鏡で見て、悪性(がん)細胞が出ていないかを調べます。
  3. エコー、レントゲン:尿路(腎、尿管、膀胱)の形態を明確にするために行います。
  4. 膀胱鏡:膀胱の中を内視鏡で観察します。膀胱がんの診断には最も大切な検査で、尿の出口(尿道口)から内視鏡を挿入するため多少の痛みを伴いますが、当院では最新の柔らかく細いハイビジョン内視鏡(軟性膀胱鏡)を使用しており、検査時の苦痛は非常に改善されています。

これらの検査で膀胱がんが発見された場合、膀胱がんがどの程度進行しているかを調べ、治療方針の決定するためにさらにCT、MRI、胸部レントゲンなどの検査を行う場合もあります。

膀胱がんの治療について

膀胱腫瘍やがんの治療は、患者さんの体力、希望、身体的状況、社会的状況、そして腫瘍の悪性度、進行度を総合的に考えながら、担当医と患者さんが十分納得して進めていくことが大切です。

表在性乳頭状膀胱がんの治療

表在性乳頭状膀胱がんはほとんどが悪性度の低いがんです。開腹手術をしなくても内視鏡(膀胱鏡)を使って削り取る手術で治すことができます。内視鏡手術だとおおむね手術の次の日には食事、歩行、身の回りのことが可能です。内視鏡的治療を受けたあと、半数以上の患者さんは腫瘍が膀胱内に再発するため、手術の後に膀胱内に抗がん剤やBCG(ビーシージー)などを入れ、再発予防を行う場合もあります。

近年、内視鏡下切除手術後早期に、抗がん剤を1回だけ膀胱内に注入する「術後即時単回膀胱内注入」の有用性が数多く報告されており、直後の注入によって1回でも十分に高い効果が望めるので、当院でも積極的に行っています。

浸潤性(進行した)膀胱がんの治療

悪性度が高く膀胱の壁に深く浸潤しているがんでは、多くの場合膀胱を摘出する必要があります。膀胱を摘出することになった場合、尿の出口を新しく作る必要があるため、様々に工夫された手術法(尿路変向術)が行われています。

膀胱がんに対しても当院ではロボット手術の施設基準を取得しており、患者さんの病状に応じてロボットを用いて膀胱全摘を行っています。

一方で浸潤癌に対する膀胱温存治療は未だに確立した治療とは言いがたく、全摘手術が可能な症例では積極的に行なっておりません。

膀胱がんの治療に関するQ&A

Q1.膀胱の摘出が必要な場合、どのように尿を体外に出すのですか?

胱を摘出したあと、どのようなかたちで尿を体外に出すかという問題は、患者さんの生活の質や快適度に大きく影響します。大きく分けて、以下の2つの手術があります。

  1. お腹に袋を貼る必要のある手術
  2. 自然に尿道から尿を出す手術

このそれぞれで様々な方法が工夫されています。

当科では、全ての手術を経験しており、患者さんの病状や全身状態、またご本人のご希望を聞いて、納得した手術を受けていただいています。併せてストーマ外来という特殊外来も開いており、手術後の患者さんの尿のトラブルに対処しています。

Q2.進んだ膀胱がんや転移のある膀胱がんの治療はどうするのですか?

膀胱がんも進行していれば命にかかわる状態になります。
当院では、治療成績のさらなる改善を目指して、手術と抗がん剤による術前・術後治療を組み合わせています。また転移のある患者さんにも、その患者さんの希望、全身状態、病状を考慮し、治療法を検討します。多くは抗がん剤による治療や放射線療法が選ばれます。

膀胱がんの生存率について

がん登録からみたステージ別の生存率です。

bokou.jpg