看護部について
About Us

看護部長あいさつ

赤十字の看護師は、人道を基本とした赤十字の7原則に基づき、地域・社会が求めるヘルスケアサービスを提供し、社会に貢献することが期待されています。
私たち大阪赤十字病院の看護職員は、患者さんを全人的に捉え、「その人がその人らしく生きる」ことを支える看護を提供したいと考えています。
専門職としての自己を高めるための努力を惜しまず、また、一人ひとりが自分らしく、看護を語る時間を大切にしています。

その人がその人らしく生きる

看護部の理念は、赤十字の「人道・博愛」の精神に基づきます。「患者さんの意思を尊重し、その人がその人らしく生きること」を大切に、わたしたちはひとりひとりの患者さんの思いに寄り添った看護を行っています。また、地域・社会のニーズに対応した看護を提供します。

安心していただける看護

安全で質の高い看護を提供するために、専門職として自己研鑚に努めています。また、多職種と連携して様々な専門分野の看護師がチームを組んで活動しています。看護外来での患者相談や組織横断的活動など、それぞれのキャリアを活かした看護を実践しています。

赤十字の看護師になる

赤十字の看護師の役割のひとつに災害救護活動があります。当院には国際救援部が設置され、国内外の救護活動を行います。救護員養成のための段階的な教育体制が整っており、実際に現地で活動した先輩から話を聞く事もできます。

働き続けられる職場環境

職員のワークライフに対応できる職場環境を整えています。子育て支援、休暇の取得促進、メンタルサポート等を活用し、安心して働き続けられることは将来のキャリアアップにつながります。

副院長兼看護部長 黒岡 多佳子

看護部理念

わたしたちは、患者さんの意思を尊重し、その人がその人らしく生き、安心していただける看護を提供します。

看護部基本方針

  1. 患者さん一人ひとりを尊重した看護を提供します
  2. 多職種の専門性を尊重し、チーム医療を提供するための推進的役割を果たします
  3. 医療・保健・福祉と連携し、地域・社会のニーズに対応した看護を提供します
  4. 日頃から災害に備え、災害時には率先して救護活動を行います
  5. 安全で質の高い看護を提供するために、専門職として自己研鑽に努めます

大阪赤十字病院で期待される看護師像

  1. 赤十字の基本理念に基づき、人々の生命と健康、尊厳を守る行動ができる
  2. 高度急性期病院で求められる知識・技術・倫理観を養い「その人らしく生きる」ことを支援できる
  3. 看護専門職としての実践・判断・考えを対象や医療チームへ説明できる
  4. 育み育まれる関係を築き、互いのキャリア開発を支援することができる
  5. 地域から求められる医療・看護サービスを理解し、組織の一員としての役割を果たすことができる

看護の提供体制

固定チーム+DPNS(ディパートナーナーシングスステム)

固定チーム継続受け持ち方式を基本とし、看護師が2人1組となって、パートナーシップを発揮しながら日々の看護業務を行う方式です。
つまり日替わりで先輩看護師とペアを組み、複数の患者さんを担当します。その際お互いの特性を活かし、相互に協力し合うことができるので、業務の効率化や事故防止につながります。また2人3脚の看護となることで、先輩の看護を間近で見て学ぶことができ、常に相談しやすい環境で働くことができます。

パートナー パートナー
看護部職員数(2021年4月現在)
看護師954名
(内 看護部長1名 看護副部長6名 看護師長30名 看護係長65名 助産師46名 男性看護師52名)
看護単位
病棟 18単位(整肢学園1単位含)
外来 3単位 ※
中央手術室・救急科部・集中治療部
※外来は、ブロック体制。小児科・産婦人科・精神科外来は病棟と一元化。助産師外来実施。
看護配置
7対1看護体制(一般病棟)
看護方式
固定式チームナーシング+ディパートナ一方式
勤務体制
二交代制 (平日4名、休日3名夜勤)