患者総合支援センターについて

患者さんならびにご紹介いただいた地域の医療機関に対し、総合的で円滑なサービスを提供するため、当院は平成19年4月に地域医療連携センターを設置し、平成28年4月には患者さん中心のトータルサービスを提供できる組織となるべく、「患者総合支援センター」に名称を変更いたしました。

現在、患者総合支援センターでは、患者さん一人ひとりが安心して治療を受けられるよう、外来、入院、退院、転院、かかりつけ医との連携、在宅医療にいたるまで一貫した支援をめざしています。

また、令和元年5月には、文書センターの開設、患者相談窓口の整備、予約センターの運用変更を行い、患者さんにとって利用しやすい窓口となるよう窓口や組織を改編しました。

今後とも、患者さんの診療をトータルで支援できるセンターをめざしたいと考えております。

患者総合支援センターの運営に関しまして、一層のご指導、ご協力をお願い申し上げます。