理念・患者さんの権利

大阪赤十字病院の理念・方針

理念

わたしたちは
人道・博愛の赤十字精神に基づき
すべての人の尊厳をまもり
心のかよう高度の医療をめざします

基本方針

  1. 医療の安全と質の向上に努め、患者さんに信頼される医療を提供します
  2. 質の高い急性期医療・高度な専門医療を実践します
  3. 地域との円滑な医療連携に努めます
  4. 国内及び国外の災害救護、医療救援に積極的に参加します
  5. 医療人の育成を図り、医の倫理の向上に努めます
  6. 健全経営を維持し、医療活動を通じて社会に貢献します

職業倫理指針

当院全ての職員が、医療人の職責の重大性を認識し、医療を受ける人々の信頼を得られる医療を提供することを目的として、病院の理念・基本方針に基づき、次の通り職業倫理指針を定めます。

  1. 患者さんの人権を尊重し、患者さんにとって最善最良の医療を提供します。
  2. 赤十字職員の使命を自覚し、法規範を遵守し、社会に貢献します。
  3. 医療に携わることの誇りと責任を自覚し、品位を保ち良識ある職業人としての人格と教養を高め、医療の質の向上に努めます。
  4. 患者さんのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守し、個人情報の適正な取り扱いを徹底します。
  5. 職員相互に尊敬しあい、協働して最善の医療を提供します。

臨床倫理指針

臨床における様々な問題に対応し、患者さんにとって最も望ましい医療を適切かつ十分に提供することを目的として、当院で定めた理念・基本方針に基づき、臨床に関する方針を次のとおり定めます。

  1. 治療の十分な説明と同意に基づいて、患者さんやご家族の意思を尊重します。
  2. 関係法規及び当院規程を順守し、ガイドラインに沿った医療を実践します。
  3. 尊厳死、終末期医療などの生命の尊厳や医療行為の妥当性については、医療倫理審査委員会等の審議結果に基づいた医療を提供します。
  4. 医学医療の発展のために積極的に治験・臨床研究を遂行し、その実施に際しては、医療倫理審査委員会及び治験審査委員会等において十分に審議を行います。

看護部の理念・方針

看護部 理念

わたしたちは、患者さんの意思を尊重し、
その人がその人らしく生き、
安心していただける看護を提供します

看護部 基本方針

  1. 患者さん一人ひとりを尊重した看護を提供します
  2. 多職種の専門性を尊重し、チーム医療を提供するための推進的役割を果たします
  3. 医療・保健・福祉と連携し、地域・社会のニーズに対応した看護を提供します
  4. 日頃から災害に備え、災害時には率先して救護活動を行います
  5. 安全で質の高い看護を提供するために、専門職として自己研鑽に努めます

薬剤部の理念・方針

薬剤部 理念

わたしたちは、
最適な医療をめざし、
患者さんに安心で安全な薬物治療を受けていただけるよう努めます。

薬剤部 基本方針

  1. 患者さん一人ひとりの薬物療法の安全と質の向上に努めます
  2. チーム医療を推進するために、多職種との連携をはかります
  3. 他院や保険薬局等との連携を推進し、薬剤情報の共有に努めます
  4. 日頃から災害に備え、災害時にも医薬品の供給と品質管理に努めます
  5. 安全で質の高い医療を提供するために、専門職として自己研鑽に努めます