トップページリソースナース

リソースナース

最新の知識を有する看護師が患者さんをサポートします。

専門・認定看護師活動 2019年4月現在

専門・認定看護 認定者
認定看護管理者 9
がん看護専門看護師 2
皮膚・排泄ケア 1
がん看護専門看護師 1
皮膚・排泄ケア 4
感染管理 2
がん化学療法看護 3
救急看護 5
手術看護 1
がん性疼痛看護 2
緩和ケア 2
専門・認定看護 認定者
集中ケア 2
乳がん看護 1
がん放射線療法看護 1
がん放射線療法看護 1
がん放射線療法看護 2
慢性心不全看護 1
キャリアアップ支援 資格取得を目指すあなたを応援します

専門・認定看護師活動 

がん看護専門看護師の活動

 がん看護専門看護師として、がん患者さんの抱える身体的・精神的苦痛を緩和したりご家族へのケアを行っています。また、看護師をはじめ多職種の医療スタッフから相談を受け解決が困難な問題に取り組んだり、院内外からのがん相談や緩和ケア外来での看護実践を通して、患者さんがその人らしい生活を送れるように支援を行っています。そして、看護師がやりがいをもって看護を行えるように共に考えたり、教育活動を行っています。

がん看護専門看護師の活動

急性重症看護専門看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師の活動

スキンケア・創傷ケア

 皮膚・排泄ケア 褥瘡(床ずれ)やスキントラブルの予防・管理とストーマ(人工肛門・人工膀胱)をつくられる方やその他の排泄障害のある方に対して専門的な看護を提供しています。創傷や排泄障害のある方が安心して前向きに療養生活をおくれるように院内の様々なチームや多職種と協働したり地域の医療機関や訪問看護ステーションと連携をとりながら具体的な問題解決を継続して行っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師の活動
ストーマ造設前の患者さんにモデルを使用して説明しているところ

感染管理認定看護師の活動

 「施設の中心となって医療関連感染の予防・管理システムを構築し、実践すること」が感染管理認定看護師の役割です。感染制御チーム(ICT)の一員として、医療関連感染サーベイランス・感染防止対策の検討や評価・マニュアル作成および修正・職員教育・職業感染防止・感染症発生時の対応・施設設備管理・相談などの活動を組織横断的に行ない、また地域の病院との感染管理に関する合同カンファレンスや相互評価も行っています。

がん化学療法看護認定看護師の紹介

 がん化学療法看護認定看護師として抗がん剤に関する専門知識を活用し、患者さんやご家族が安全に安心して治療が受けられるよう多職種と協働しながら支援を行っています。患者さんが今までの生活の流れを保ち、その人らしく生活しながら治療が継続できるよう、副作用による身体的・精神的苦痛を緩和するケアを提供しています。また治療や副作用の複雑性が増しているため、看護師の指導や相談も行っています。

救急看護認定看護師の活動

 外来では緊急度・重症度の高い患者さんの処置・ケアを行うと共に、救急という特殊な環境下に置かれた患者さん・家族の精神的なケアも行っています。 救急病棟では、緊急で入院された患者さんの処置やケア、日常生活の援助を行い、少しでも状態が改善して一般病棟に上がれる様に努めています。 また急性期病院として、各病棟でも急変対応が迅速・的確に行える様に講義や講習を行っています。

手術看護認定看護師の活動

 手術看護認定看護師は、手術や麻酔に対して不安や恐怖など様々な思いを抱きながら手術療法に臨まれる患者さんやその家族に対して心理的ケアや倫理的配慮を行うとともに、手術中だけでなく手術前後においても専門的知識や熟練した看護技術を提供しています。また、医師・コメディカルなどの多職種とともに患者さんを中心とした手術医療が提供できるよう情報交換を行い、スタッフへ手術看護の質の維持・向上のための勉強会や研修を開催、直接的な指導も行っています。

がん性疼痛看護認定看護師の活動

 がん患者さんは、がんの診断前から最期の時まで様々な症状や苦痛を体験されます。がん性疼痛看護認定看護師は、看護の視点から患者さんの抱える苦痛をアセスメントし、最期まで「その人らしい」生活・療養ができるよう支援を行っています。現在、外来と病棟に所属し、患者さん・ご家族が安心して療養生活を送れるよう支援するとともに、がんサポートチームの一員として他の専門・認定看護師、多くの医療スタッフと協力しながらがん患者さんの苦痛を緩和できるように看護実践を行っています。

緩和ケア認定看護師の活動

 緩和ケアとは、緩和ケア病棟で終末期の患者さんにのみ提供されるケアではありません。「がんと診断された時から治療の時期、がんと共に歩んでいる間も、ずっと患者さんがその人らしく過ごせるように心身の苦痛を積極的に緩和し、患者さんとそのご家族の方を支えていくこと」が緩和ケアです。
患者さんとそのご家族の方が入院・外来を問わず希望される場所で、出来るだけ希望される生活が過ごせるように院内がんサポートチームの一員として、患者さんとそのご家族を多職種の医療スタッフと共に支援しています。

集中ケア認定看護師の活動

 当院の集中治療室にはさまざまな重症患者さんがおられます。患者さんの中には、高度医療のためたくさんの機器を装着されている方や、意識のない方もいらっしゃいます。私たちは、一人ひとりの患者さんが、今何を望んでおられるのか、病状が回復した後の日常生活にできるだけ支障がないようにするためにできることは何か、そしてご家族は何を望み、どのような支援を必要とされているのか、日々患者さんやご家族に思いを寄せ、多職種と協力しながらスタッフと一緒に看護しています。

集中ケア認定看護師の活動

乳がん看護認定看護師の活動

 乳がん看護認定看護師として、告知後の精神的サポート、治療選択・意思決定の支援、様々な治療に伴う看護、ボディイメージの変容へのサポート、リンパ浮腫の予防などの患者・家族への看護を行っています。また、多職種とカンファレンスを行ったり、他の認定看護師や専門看護師、他の医療スタッフと連携しながら、患者さんが納得して治療を受けられ、治療を継続しながらその人らしく生活ができるように活動しています。

乳がん看護認定看護師の活動

がん放射線療法認定看護師の活動

 がん放射線療法看護認定看護師は、放射線治療を受ける患者さんの身体状況・通院や治療環境を整え、心理的苦痛を支え、有害事象を効果的に予防・緩和する看護援助を行って、患者さんの日常生活を支えることをめざした実践・教育・相談を行う役割があります。放射線治療スタッフのチームワークや外来・病棟スタッフとの連携を図り、放射線の専門性を活かして、患者さんに合わせた援助を常に考え、その難しさとやり甲斐を感じながら活動しています。

摂食・嚥下障害認定看護師の活動

 人にとって楽しみである食事に関わり、幅広い世代と疾患の方が対象となります。嚥下訓練を行い、嚥下機能の維持や改善に努め、窒息や誤嚥のリスクアセスメントも行います。在宅退院時は家族を含めて退院指導を行います。嚥下口腔ケアチーム所属の多職種と連携しながらケアを行い、スタッフへ教育活動も行います。患者家族の意思を尊重し、チーム医療を通して、統一と継続した看護ケアを日々目指しています。