トップページリソースナース

リソースナース

最新の知識を有する看護師が患者さんをサポートします。

専門・認定看護師活動 2019年4月現在

専門・認定看護 認定者
認定看護管理者 9
がん看護専門看護師 2
皮膚・排泄ケア 1
がん看護専門看護師 1
皮膚・排泄ケア 4
感染管理 2
がん化学療法看護 2
救急看護 5
手術看護 1
がん性疼痛看護 2
緩和ケア 2
専門・認定看護 認定者
集中ケア 2
乳がん看護 1
がん放射線療法看護 2
がん放射線療法看護 1
がん放射線療法看護 2
慢性心不全看護 1
キャリアアップ支援 資格取得を目指すあなたを応援します

専門・認定看護師活動 

がん看護専門看護師の活動

 がん看護専門看護師として、がん患者さんの抱える身体的・精神的苦痛を緩和したりご家族へのケアを行っています。また、看護師をはじめ多職種の医療スタッフから相談を受け解決が困難な問題に取り組んだり、院内外からのがん相談や緩和ケア外来での看護実践を通して、患者さんがその人らしい生活を送れるように支援を行っています。そして、看護師がやりがいをもって看護を行えるように共に考えたり、教育活動を行っています。

がん看護専門看護師の活動

急性重症看護専門看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師の活動

『地域との絆で、皆さまの生活を支えます』

 私たちは、患者さんが抱える皮膚や創(きず)、排泄の問題に対して、安心して治療を受けられるように、患者さんやご家族のお気持ちを大切にし、医師や栄養士、理学療法士、ソーシャル・ワーカーなど多くの職種と共に問題解決に取り組んでいます。
 そして、入院中のみならず、入院前、退院後も地域の医療機関や訪問看護ステーション、介護支援専門員(ケアマネージャー)などと情報交換や連携を積極的におこなうことで、地域との信頼関係の構築を大切にし、患者さんの生活を地域と一緒に支えることができるよう日々努力しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師の活動

感染管理認定看護師の活動

『病院に関わる全ての人々を感染から守るために』
 患者さん・ご家族・面会者・職員等、病院に関わる全ての人々を感染から守るために、現在は2 名の感染管理認定看護師が感染制御チーム(ICT)の一員として専従で活動しています。
院内ラウンド・医療関連感染サーベイランス・感染症発生時の対応・職員教育・感染防止対策の検討や評価などの活動を組織横断的に行ない、地域の病院と感染管理に関する合同カンファレンスや相互評価も行っています。

がん化学療法看護認定看護師の紹介

『安心して治療が受けられるようサポートします』
 抗がん剤に関する専門知識を活用し、医師や薬剤師と協力しながら患者さんやご家族が安心して治療を受けていただくためのサポートをしています。患者さんがその人らしく生活しながら治療が続けられるよう、治療選択のサポートや副作用に対するケアや相談を行っています。抗がん剤治療について疑問や不安などあれば、いつでもご相談ください。

救急看護認定看護師の活動

『ひとりでも多くの命を救います』
 当院の救命救急センターは、救急車の受け入れを中心に緊急を要する疾患に対応する「三次救急医療機関」として厚生労働省の認可を受け、年間救急受診者数と救急搬送者数は大阪府内でトップクラスにあります。私たちは、緊急度・重症度が高い患者さんが安全に安心して救急医療を受けていただけることを目指しており、ご家族の突然の出来事に対する心理的負担が少しでも軽減されるようにケアをしています。また、入院中の緊急度・重症度が高い患者さんの急変を最小限にするための取り組みや、急変時対応についての講習なども行っています。

手術看護認定看護師の活動

『チームで患者の安全を目指す』
 手術室では,多くの患者さんは全身麻酔下で眠っており,看護師が患者と言葉を交せる時間はごくわずかな時間しかありませんが医師や他職種・他分野リソースナースと連携をとりながら,患者さんを総合的に捉え寄り添える看護を目指しています。また,手術が安全かつ円滑に行われるように,手術安全チェックリストの導入や術後合併症を予防するための院内研修や手術部位感染予防に取り組んでいます。

がん性疼痛看護認定看護師の活動

『その人らしい生活・療養ができるようにサポートします』
 がん患者さんは、がんの診断前から最期の時まで様々な症状や苦痛を体験されます。私たちは、看護の視点から患者さんの抱える苦痛をアセスメントし、最期まで「その人らしい」生活・療養ができるよう支援を行っています。 現在は外来と緩和ケア病棟において、診断時から最期の時まで「その人らしく生きられる」ように多職種と協働しながらケアしています。

緩和ケア認定看護師の活動

『あなたとあなたの大切な人を支える緩和ケア』
 緩和ケアとは、がんによって生じる身体的な痛みだけでなく、精神的な辛さを和らげることで、患者さんとご家族が望む生活の実現を目指すものです。また、緩和ケアは外来での診断時から治療中、治療後の在宅療養でも受けることができます。
 私たちは緩和ケア病棟において、患者さんとご家族の意向を尊重しながら、その人らしく穏やかに過ごせるよう多職種と協働しながらケアを行っています。

集中ケア認定看護師の活動

『早期リハビリで寝たきりゼロへ!』
 集中治療室で、高度医療を受けている患者さんに対して、入院したその日から、病状が回復した後の日常生活にできるだけ支障がないようにするための取り組みをしています。今年度は、医師、薬剤師、栄養士、臨床工学技士、理学療法士、看護師がチームとなり、患者さん一人ひとりについて話し合いながら、早期リハビリテーションに力を入れて実践しています。

乳がん看護認定看護師の活動

『その人らしく生活や治療が行えるように支援します』
 乳がんは他のがんと異なり、40~50 歳台で罹患することが多く、近年は30 歳台の患者さんも増加しています。乳がんの治療は外来で行われることが多く、仕事の継続などライフスタイルにも影響を及ぼします。治療を受けながらその人らしく生活ができるように他部署と連携しながら支援を行っています。

乳がん看護認定看護師の活動

がん放射線療法認定看護師の活動

『放射線治療の完遂を目指してサポートします』
 放射線治療の内容や副作用の出現時期などについて情報を提供し、患者さんが安心して治療が受けられるように不安の軽減につとめます。
 治療に伴う副作用に対して、症状の悪化や症状を和らげる方法を患者さんと一緒に考え、患者さんが実践できるように支援を行います。
 外来通院で治療を受ける患者さんが、治療と仕事との両立が継続できるように、治療期間中のサポ-トを行います。

摂食・嚥下障害認定看護師の活動

『必要な栄養補給と誤嚥性肺炎予防のための活動』
 病気を患い食欲がなくなる、また治療のために口から食べられなくなることがあります。栄養不足になると、更なる病状の悪化や傷口の治癒の遅れ、リハビリが進まないなど様々な影響を及ぼします。栄養不足にならないように、その方に合った最善の栄養摂取方法を提案する活動をしています。
 また、病気や年齢の影響から口から食べる機能(嚥下)が衰え、新たに誤嚥性肺炎を起こしてしまうことがあります。そこで嚥下機能の維持と向上を目指した活動をしています。

認知症看護認定看護師の活動

『生活動作の低下を予防・緩和します』
 高齢の患者さん、認知症の患者さんは身体の治療を目的とした入院を契機にせん妄を起こしやすいといわれています。せん妄により、身体状況や生活動作が低下することがあり、それまでの生活が継続できなくなることがあります。それらを予防・緩和できるよう認知症ケアチームでは、環境調整や本人の意思を尊重した看護を提供し、必要な治療を安全、安楽に受けていただけるよう活動しています。

乳がん看護認定看護師の活動

『心不全患者さんの支援者でありたい』

『必要な栄養補給と誤嚥性肺炎予防のための活動』
 「心不全」という言葉は一般的に認知されるようになってきましたが、進行性の病態であり急性増悪を繰り返し悪化していくことは、まだまだ知られていません。
 悪化を防ぐには治療だけでなく、運動習慣の獲得や生活改善など、正しい療養方法を知ることも重要となります。「心臓」という重要臓器に障害を抱えながら生活をしていく苦悩や思いに寄り添いつつ、療養の支援ができればと考えています。