トップページ先輩からのメッセージ先輩看護師の声

先輩からのメッセージ

先輩看護師の声

Tさん

私は外科系病棟に勤務して3年目です。病院見学で東日本大震災の救護活動の話を聞き、赤十字救護員として活動してみたいと入職を決めました。はじめは不安が大きかったですが、新人研修や先輩方のサポートもあり、疾患に関する知識や看護技術を習得することができました。病棟では日々手術前後の患者さんに対して個別性のある看護を考え実践しています。また、退院支援においても、患者さんや家族の希望に沿えるように多職種と協働して取り組んでいます。患者さんが笑顔で退院していく姿を見るとやりがいを感じます。今後も急性期医療に必要な幅広い知識を身に付けて成長し、将来は救護員としても活動していきたいです。

Hさん

私は循環器・心臓血管外科、腎臓内科で勤務しています。就職したばかりの頃は業務に慣れたり、疾患を理解することに必死でしたが、日々先輩方に指導して頂いたおかげで少しずつ知識も増えてきました。循環器の患者さんは、退院後の疾病管理が必要なので退院指導が大切です。学生の頃から個別性を考えた指導にやりがいを感じていたので、今の病棟で行う看護は楽しいと感じています。今は、任されることも増えてきて、自分の成長を感じ嬉しく思っています。次のステップアップを目指して成長していけるように頑張っています。

Iさん

私は、自身が震災を経験し災害時にたくさんの人を支えられるような看護師になりたいと思い、様々な重症の患者さんの看護を学ぶことが出来るICUを希望しました。しかし、ICUは様々な医療機器を付けた重症度の高い患者さんが多く、入職当初は、患者さんのケアが行えるか、担当看護師として患者を受け持つことはできるのか不安でした。その後、徐々にできることが増え、先輩の指導を得ながら患者を受け持つことができるようになりました。現在は患者さんの思いを大切にし、寄り添える看護を実践したいと思っています。患者さんの状態が安定し、一般病棟に退室するときに看護の喜びや、やりがいを感じます。今後はICUの現場でも退院後の生活を見据えた支援ができるように取り組んでいきたいです。

Tさん

私は救命救急センターで勤務して3年目になります。当センターでは様々な疾患の患者、急変の可能性のある患者を受け入れているため、幅広い知識と技術、看護が求められます。最初は覚えることが多く思うような看護ができなかったのですが、毎日先輩に指導を頂き、個別性を考えた看護を少しずつできるようになりました。救急看護認定看護師による様々な勉強会も開催されており、疾患や救急看護について深く学べる環境も整っています。救急病棟での業務経験後、現在は救急外来業務を学んでいます。病棟での看護を活かしながら、アセスメント力や看護技術のスキルアップに取り組み、経験を積み重ねてより良い看護を提供できるように頑張っていきたいと考えています。

Aさん

手術室に配属となり、初めは手術室という特殊性に戸惑いを感じました。実際に手術室で働いてみて、学生時代の実習や授業では学んでこなかった多くの専門技術が必要で、自分にできるのか不安がありました。しかし、先輩看護師に指導を受けながら、少しずつできることが増えると達成感も生まれてきました。また、手術室看護師だからこそできる看護を、患者さんの個別性に応じて行うことができるように支援を得ながら実践しています。今は少しずつやりがいを感じることができるようになりました。

Tさん

私は、「一人の女性」から「母親」になる支援を行うことができること、新しい命の誕生に寄り添えることに魅力を感じ助産師になりました。入職当初は、環境の変化で慣れない事が多かったですが、先輩から助言をもらい技術を学んだことで、助産師4年目として一人で任せられる業務も増えました。分娩のサポート役としてそばに寄り添い、産婦さんが望む形で元気な赤ちゃんが産まれた時にはやりがいを感じます。分娩介助以外でも、両親学級や育児支援、産後の健診などで、「母親」となる過程の女性に様々なタイミングで関われることにやりがいを感じています。

Tさん

私は小児病棟で勤務しています。小児病棟は様々な診療科の子ども達が入院しています。発達段階も様々で、自分の状態の訴え方も子ども達ひとりひとり違います。そのため、子ども達の少しの変化も見逃さないように、ひとりひとりの反応や表情を捉えるようにしています。1年目の頃は先輩看護師に頼ってばかりでした。現在3年目となり、多職種に相談したり、カンファレンスを開いたりして、少しずつですが看護の幅が広がり、看護の喜びを感じることが増えてきました。子ども達が笑顔で退院していく姿に元気をもらっています。今後はラダーの取得を目指しながら、病気を持つ子ども達と、その家族の気持ちに寄り添った看護ができるよう努めていきたいと思います。

Yさん

大阪赤十字病院では国内外の災害救護や医療支援が行われています。就職する際、国内救援活動に関する内容や報告会で興味を抱き、看護師として経験を積んでいく中で活動に参加したいという気持ちが強くなってきました。院内では救護員になるための研修を受講し、救護員として登録されてからも救護活動ができるようにスキルアップの支援があります。国内救護活動に救護員として派遣された際は、寄り添うことの大切さを実感しました。今後も患者に寄り添った看護の提供、自分自身スキルアップできるように取り組んでいきたいと思います。

Fさん

私が国際救援を目指したきっかけは、阪神淡路大震災での人々が助け合う姿や海外からの支援に感銘を受けたことです。当院では国際救援活動に必要な研修や、英会話などのサポートを受けることができます。そして、2017年のヨルダンでの難民支援事業への派遣時には、当院職員の支えによって、半年間の職務を全うできました。派遣先では自分達の地域の健康を自分達で守ることができるように、地域保健事業の支援活動を行いました。その際、健康教育を行う地域ボランティアの「人の役に立ちたい」という思いとその活動から、困難な環境でも他人を思いやる人道の精神を実感しました。
日頃、病棟では患者さんの話しを傾聴し、ニーズを理解してケアを行うことを大切にしています。この姿勢は様々な状況に置かれている人々のニーズに沿った活動をする国際救援の場でも活かされます。今後も相手を尊重する姿勢を忘れず活動したいと思います。

Yさん

私は1年間の育児休暇の後、育児短時間勤務制度を利用し職場復帰しました。復帰する直前には新しい職場での仕事と家事と育児のバランスは取れるのか不安がありました。しかし、病棟スタッフの理解と協力の下、すぐに仕事の感覚を取り戻すことや自分のペースをつかむことができました。また、同じ時期に復帰にした他部署のスタッフとの交流もあり、悩みを共有することで精神的にも助けられました。今は心の余裕を持って子供の成長を見守りながら、キャリアアップを目指すこともできています。今後のフルタイム復帰に向けて勤務時間を少しずつ増やしているところです。

過去掲載分はこちらからご確認いただけます。