トップページよくある質問

よくある質問

資料請求

Q併設の専門学校がありますが、やはりそこの卒業生が多いのでしょうか?

毎年の採用者の内、大阪赤十字看護専門学校の卒業生は3割くらいいますが、
残りの7 割は全国の色々な学校で基礎教育を受けた方が就職されています。

Q配属先はどのように決めるのですか?

希望分野を申し出てもらっています。なるべく希望に合うよう
調整して配属先を決定します。

Q救護活動にはどうすれば参加できますか?

まず看護実践能力が必要です。その後救護に関する研修を通して、知識、技術を習得し、
救護員として登録されます。

Q新人への支援体制はどうなっていますか?

職場では、新人担当者・チューター等を決めて支援しています。また看護部に新人担当者がおり、
新人全般の支援やメールでの相談も受けています。

Q筆記試験はどのような問題が出題されますか?

筆記試験は小論文と筆記試験で構成しています。

Q勤務体制はどうなっていますか?

全ての部署で2交替です。

Q寮を希望していますが、空き状況はどうなっていますか?また、寮に入らない場合は援助がありますか?

寮は全部で120室あり2年~3年を期限に利用していただいていますが、毎年4月時点では約40室が
空室となり、希望者が多い場合は抽選を行います。
また、寮以外を希望される方へは、特典の受けられる住宅会社の紹介も行っており、住宅手当については
月額28,500円を上限とし支給しています。

Q看護技術体験が少ないため不安です。大丈夫でしょうか?

大丈夫です。その時期に合わせた技術習得のための集合教育を計画しています。
1年目の看護師は勤務時間内に全員参加できます。また、スキルシミュレーションルーム(SSR)があり、
いつでも技術トレーニングができます。

Q子育て支援にはどのようなものがありますか?

本院に隣接した24時間体制の保育所があります。育児休暇中の看護師に対しても教育プログラムがあり、
安心して職場に復帰できるようになっています。

Q有給休暇はとれますか?

令和2年度の有給休暇取得数は年間一人当たり、平均17.1日でした。他に当院は完全週休2日制で
冬期休暇・特別休暇等も取得可能です。

Q認定や学業の支援はありますか?

病院で認められた研修や進学については一部自費となりますが休職や奨学金貸与等の支援をしています。

Q夜勤回数は月何回くらいですか?

令和2年度実績で一般病棟平均で3.7回でした。