ホーム > 園の概要

園の概要

施設概要

大手前整肢学園は、医療法に基づく病院機能と、児童福祉法に基づく障害児入所施設・通所施設の機能を持っています。
1967年4月に、日本赤十字社が受託運営する、大阪府立の肢体不自由児施設として開設しました。
2004年3月末に、大阪市天王寺区の大阪赤十字病院東館1~3階に移転し、重症心身障害児施設を開設しました。2007年には大阪府より日本赤十字社に移管されました。2013年1月より肢体不自由児・重症心身障害児を一体として治療する一病棟体制となりました。

園の基本方針

人道・博愛の赤十字精神に基づき行動します
一人ひとりを尊重し、信頼されるチーム療育をめざします
大阪赤十字病院と連携し、質の高い医療と看護を提供します
地域で安心した生活が送れるよう支援します

園長のあいさつ

大手前整肢学園は平成29年度に50周年を迎えました。昭和42年(1967年)大阪府立、日本赤十字社受託の肢体不自由児施設としてスタートし、現在は大阪赤十字病院附属の医療型障がい児入所施設として運営されています。医療施設である一方で児童福祉法に基づく施設でもあるため、介護福祉士や保育士などによる日常生活支援や家族支援のサービスも提供しています。また、支援学校も施設内に併設されています。
先天性股関節脱臼や内反足、筋性斜頚、脚変形やO脚などの小児整形疾患の診断と手術を含めた治療、脳性麻痺の早期診断と治療(当院ではボイタ法主体)、神経原性運動障害の訓練と補装具の調整と変形矯正手術、緊張の強い方に対するボトックス治療やITB治療、先天性や外傷後などの骨関節変形や成長障害へのイリザロフ手術などを行っています。同じ敷地内に大阪赤十字病院があり、けいれんや肺炎、呼吸不全など、入所児者にとどまらず、通所されている方への救急医療体制も整っています。
外来訓練と診療、親子入院や単独入所での診療と療育、地域との連携と協働など、障がいを持った児を中心としたトータルな療育システムを作り上げるべく職員一同奮闘しています。

沿革

大手前整肢学園は、昭和42年に大阪市中央区の大阪赤十字病院法円坂分院跡地に2番目の大阪府立の肢体不自由児施設として大阪赤十字病院が運営委託を受け開設いたしました。開設にあたっては、発掘調査で難波宮遺跡が出土し、保存のための設計変更等により予定より遅れての開設となりました。 平成16年3月末に大阪市天王寺区の大阪赤十字病院内に移転し、重症心身障害児施設30床を開設しました。
平成19年4月1日には大阪府から日本赤十字社に移管され、施設名称も「大阪赤十字病院附属大手前整肢学園」に変更しました。大阪赤十字病院と密接に連携し、急性期医療にも対応できる医療型福祉施設を目指しています。

昭42. 4. 1 大阪府立大手前整肢学園設置
肢体不自由児施設として大阪府が設置し、日本赤十字社が受託
定員  100名
所在地  大阪市中央区法円坂1丁目6番74号
昭44. 4. 1 定員  200名
昭45. 4.20 重度棟開設
昭56. 1. 1 定員  入園90名(一般30名、重度50名、母子10名)
通園40名
平16. 3.28 施設移転 大阪市天王寺区筆ヶ崎町5番30号
     大阪赤十字病院 東館1階~3階に移転
平16. 4. 1 施設の種別と定員の変更(82床)二病棟体制
肢体不自由児施設  入園52名(うち親子10名)
重症心身障害児施設 入園30名
平19. 4. 1 大阪府より日本赤十字社へ移管
施設名称「大阪赤十字病院附属大手前整肢学園」に変更
平22.10. 1 施設の定員の変更(76床)二病棟体制
肢体不自由児施設  入園46名(うち親子10名)
重症心身障害児施設 入園30名
平25. 1. 1 施設の定員の変更(60床)一病棟体制
医療型障がい児入所施設・療養介護(肢体) 定員20名(うち親子7名)
医療型障がい児入所施設・療養介護(重心) 定員40名
医療型児童発達支援(通所)        定員40名
平27. 2. 1 保育所等訪問支援、特定相談支援・障がい児相談支援(相談支援事業所)の運用開始

フロア紹介

大阪赤十字病院に隣接した理想的な環境と充実した設備。画像をクリックで拡大画像がご覧いただけます。


このページのTOPへ

PAGE TOP