緩和ケア外来・がんサポートチーム

がん医療における緩和ケア

がん医療における緩和ケアとは、がんに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方です。

がん患者さんや家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。緩和ケアでは患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしていきます。

WHO (世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチである。

がんの療養中は、痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、だるさなどの体の不調、気分の落ち込みや絶望感などの心の問題が患者さんの日常生活を妨げることがあります。これらの問題はがんの療養の経過中、程度の差はあっても多くの患者さんが経験します。

「がんの治療のことではないから」と相談できずにひとりで抱え込んでしまったり、「症状だけをなくしても、がんが治るわけではないから」「気持ちの持ちようだから」と症状を和らげることに消極的な人もいます。

今までのがん医療の考え方では、「がんを治す」ということに関心が向けられ、医療機関でも患者さんの「つらさ」に対して十分な対応ができていませんでした。しかし、最近では、患者さんがどのように生活していくのかという「療養生活の質」も「がんを治す」ことと同じように大切と考えられるようになってきています。

患者さんを「がんの患者さん」と病気の側からとらえるのではなく、「患者さんらしさ」を大切にし、身体的・精神的・社会的・スピリチュアル(霊的)な苦痛について、つらさを和らげる医療やケアを積極的に行い、患者さんと家族の社会生活を含めて支える「緩和ケア」の考え方を早い時期から取り入れていくことで、がんの患者さんと家族の療養生活の質をよりよいものにしていくことができます。

国立がんセンターがん情報サービスより引用
http://ganjoho.jp/public/support/relaxation/palliative_care.html

緩和ケア外来

がんと診断された患者さんは、手術や化学・放射線療法などのがん治療だけでなく、がんに伴うつらさ(痛み、吐き気、呼吸苦、倦怠感などの身体的なつらさ、心のつらさ、経済的問題、療養上の気がかりなど)を解決することも重要です。

そこで、がんに伴う様々なつらさを緩和することを目的に、緩和ケア外来を開設しています。

対応内容

  • がん及びその他の疾患による痛み
  • 消化器症状(吐き気、便秘、下痢など)
  • 呼吸困難や倦怠感
  • 精神的なつらさ
  • 療養の場の相談・連携 など

診察

診察日毎週火・金曜日
8:45~11:30(完全予約制)
担当 緩和ケア科部長 端 裕之
がん看護専門看護師 小木曽 照子
場所がん看護相談室(本館2階入院受付の前)

診察を希望される方

当院に通院中もしくは入院している患者さん
  1. 主治医に「緩和ケア外来を受診したい」とお伝えください。主治医からの紹介により、緩和ケア外来受診の手続きをさせていただきます。
  2. 予約の日時に受付を済ませて、がん看護相談室へお越しください。
当院に通院していない患者さん
  1. 現在、診療を受けている主治医に、「大阪赤十字病院緩和ケア外来」の受診相談をしてください。
  2. 主治医から当院の医療連携課にご連絡いただき、緩和ケア外来の予約を受けてください。
  3. 予約した日時に紹介状を持って、緩和ケア外来にお越しください。
    医療連携課 TEL.06-6774-5127(受付時間:平日 8:30~17:00)

※当院には緩和ケア病棟などのご入院施設はございません。療養の場や在宅医療のご紹介はいたしますが、基本的には外来受診のみになることをご了承ください。

がんサポートチーム

 当院は、平成18年4月から地域がん診療連携拠点病院(以下、拠点病院)に指定されています。地域がん診療連携拠点病院の役割は、

  1. 専門的ながん医療の提供
  2. がん患者さんに対する相談支援及び情報提供
  3. 地域のがん診療の連携協力体制の構築
などがあります。

 がんサポートチームのメンバーは、これらの役割を果たし、患者さんやご家族がどこでも切れ目なく安心して過ごすことができるように支援しています。

主な構成メンバー
医師(消化器外科・内科、呼吸器内科、精神神経科)、薬剤師、がん看護専門看護師、認定看護師(がん性疼痛看護、緩和ケア、がん化学療法看護、がん放射線看護、乳がん看護)、入退院支援課看護師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカー(MSW) 、理学療法士
主な活動
  • 病棟回診による症状マネジメントなどの相談
  • 緩和ケア外来の診療・連携
  • がん看護相談室による相談・情報提供
  • 2次医療圏の医療者を対象とした「緩和ケア研修会」の開催
  • 院内外の医療者に対する教育・講演などの活動
  • 院内の緩和ケアに関するマニュアル作成、緩和ケアリンクナース会の運営
がんサポートチームへご相談を希望される場合
入院中の方入院病棟の担当医や看護師にご相談ください
外来通院中の方本館2階8番窓口「がん相談支援センター」にご相談ください