大阪赤十字病院が
「大阪府アレルギー疾患医療拠点病院」に選定されました。

大阪府アレルギー疾患医療拠点病院

アレルギー疾患は、国民の約半数が罹患しているとの報告もあり、国では、「アレルギー疾患対策基本法」の制定、「アレルギー疾患対策の推進に関する基本方針」を策定し、アレルギー疾患に関する医療提供体制の整備や国民への普及・啓発・情報提供等の対策を総合的に推進することとしています。 大阪府においても、法律や指針を踏まえたアレルギー疾患対策の充実・強化を進めており、府内のアレルギー疾患患者さんが、適切な医療を受けられるよう、アレルギー疾患の専門病院と地域の一般病院・診療所、薬局等との診療連携体制の構築を目指しています。 このたび、その拠点となる「大阪府アレルギー疾患医療拠点病院」を公募し、平成30年6月1日付けで、下記4病院が選定されました。(順不同)

近畿大学医学部附属病院(大阪狭山市)

関西医科大学附属病院(枚方市)

大阪はびきの医療センター(羽曳野市)

大阪赤十字病院(大阪市天王寺区)

拠点病院の期待されている役割は下記の5項目です。

(1) 診療

・重症・難治性アレルギー疾患に対し、複数診療科が連携し、診断、 治療、管理を行う

(2) 情報提供

・患者・家族・地域住民に対し、アレルギー疾患に関する適切な情報

・都道府県協議会が企画する患者・家族向けの講習会や地域住民向けの 啓発活動等に主体的に取り組む

(3) 人材育成

・医療従事者の知識・技能の向上に関する研修への積極的関与

・保健師、栄養士、児童福祉施設等の職員に対する講習会等への積極的 関与

(4) 研究

・都道府県におけるアレルギー疾患の実状を継続的に把握するための調査分析を行う。

・国が行う研究等に協力する

(5) 医学的見地からの助言・支援

・学校・福祉施設、市町村への医学的見地からの助言及び支援

ページの
上へ戻る