国際救援課

赤十字の国際活動の理念

国際赤十字は、ジュネーブ条約及びその追加議定書に基づき、世界中の紛争、災害、難民などあらゆる困難な状況に対し、医療救援のみならず、物資の救援、捕虜訪問、不明家族の安否調査などあらゆる人道支援を行なっています。戦争や紛争関係はジュネーブに本部を置く赤十字国際委員会(ICRC)が、また災害に対しては各国赤十字社の連合体である国際赤十字赤新月社連盟(IFRC)が主に担当します。赤十字の活動は、赤十字七原則に基づく理念のもとに行なわれます。

国際医療救援部では、主に医療救援の部分を担当していますが、これもいわゆる緊急医療救援から、復興支援、基礎保健事業、難民キャンプ支援など様々な事業に携わっています。また、上記の二つの団体に参加して国際救援を行なうと同時に、相手国赤十字社と日本赤十字社の二国間の協定による様々な事業にも参加しています。

赤十字七原則
  1. 人道に基づくこと
  2. 全てに対して公平であること
  3. 政治的、宗教的、軍事的などあらゆる観点から中立であること
  4. 政府機関を含む全てから独立していること
  5. 奉仕の精神で行なうこと
  6. 単一性がある、すなわち一国に一つの赤十字社であること
  7. 世界性があること、すなわち赤十字とは世界的な機構である
    全ての国の赤十字社は同等の権利を持ち、相互援助の義務を持つ