トピック・ニュース

最新のお知らせ

第13回市民公開講座『緩和ケア』の開催について

第13回市民公開講座『緩和ケア』を次のとおり開催しますので、皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

テーマ緩和ケア
開催日時平成28年10月29日(土)13時30分から15時30分
場所大阪赤十字看護専門学校 1階合同教室
大阪市天王寺区筆ケ崎町5番30号(大阪赤十字病院敷地内)
講師 端 裕之   緩和ケア科部長
谷口 香織  がん専門看護師
野村 美奈子 社会福祉士、精神保健福祉士
参加費無料
お申込み不要です。
定員数150名
その他当講座にご参加される方の駐車料金は、無料です。
お問い合わせ先大阪赤十字病院 診療情報管理課
電 話:06-6774-5111(内線2302)
FAX:06-6774-5131

平成28年9月27日

大阪赤十字病院 市民公開講座の開催について

大阪赤十字病院 市民公開講座を、次のとおり開催しますので、皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

テーマあなたは大丈夫ですか? 今どき生活習慣病
開催日時平成28年11月5日(土)14時00分から15時30分
場所四ツ橋ビルディング3階 A会議室
大阪市西区新町1丁目5番7号
講師稲田 司 循環器内科部長
参加費無料
お申込み

「下記の電話番号にご連絡の際に、参加される方の①お名前(ふりがな)、②年齢、③性別、④電話番号をお伝えくださいの上、お申込みください。
FAXでお申込みの場合は、下記のFAX専用参加申込書に必要事項をご記入の上、送信してください。

FAX専用参加申込書(PDF形式)

定員数80名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
お問い合わせ先大阪赤十字病院「市民公開講座」参加申込係
電 話:06-6373-6629
FAX:06-6374-0209

平成28年9月13日

院内災害訓練の実施について

当院では、以下の日時で地震を想定した災害訓練を行います。
訓練は院内全域で行いますので、ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。
また救急外来は、以下の日時で休診しますので、併せてご了承ください。

訓練日時 平成28年10月1日(土)午前9時から午後1時まで
救急外来の休診日時 平成28年10月1日(土)午前0時から午後2時まで

平成28年9月2日

[終了]「セプテンバーコンサート」の開催について

当院では、入院患者さんやそのご家族ならびにご来院の方々を対象としたコンサートを開催しております。今回は声楽、古楽器演奏等を予定しておりますので、ぜひご来場ください。

日時 平成28年9月11日(日)14時00分開演
場所 本館2階総合ホール

平成28年8月29日

PEACE緩和ケア研修会の開催について〔申し込みの受付は終了しました〕

 厚生労働省による「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」に基づき、 地域の医師を対象とした緩和ケア研修会を開催いたしますので、ご案内いたします。

開催日時平成28年9月17日(土) 8:30~16:50
平成28年9月18日(日) 9:00~17:50 
開催場所ホテルアウィーナ大阪(大阪市天王寺区石ヶ辻町19番12号)
参加費無料
但し、お弁当・茶菓子代等(2日分)として、当日3,000円を徴収いたします
対象者がん診療に携わる医師 定員30名
申込締切平成28年8月10日(水)17:00まで
(定員超過の場合は、抽選とさせていただきます)
お申込み緩和ケア研修会参加申込書にもれなくご記入の上、FAXまたは電子メールでお申し込みください
FAX    06-6774-3239
電子メール  byoureki@osaka-med.jrc.or.jp
※ ※ 受講可否については、8月19日(金)までにお知らせいたします
参加申込書
プログラム
緩和ケア研修会参加申込書(Word形式)
緩和ケア研修会プログラム(案)(PDF形式)
お問い合わせ先大阪赤十字病院 診療情報管理課
TEL 06-6774-5111(内線 2302)

平成28年08月01日

赤十字国際委員会(ICRC)パレスチナ紛争犠牲者救援事業 活動職員による帰国報告会の開催について

 大阪赤十字病院は、パレスチナ紛争犠牲者救援事業のため、医師をパレスチナ自治区ガザ地区へ平成28年4月16日から約2か月間派遣しました。現地で長引く武力対立は一般市民の生活に大きく影響を与え、不安定な状況が現在も続いています。
 このたび、赤十字国際委員会を通じて現地で救急医療支援活動を行った医師が、ガザでの活動と共に現在の中東情勢について、現地の生の情報を報告しますので、どうぞご来場ください。

日時 平成28年6月17日(金)18時から19時まで
場所大阪赤十字看護専門学校 1階合同教室
大阪市天王寺区筆ケ崎町5-30(大阪赤十字病院敷地内)
報告者山田 圭吾 救急科部医師
参加費無料
その他事前受付は行っておりません。当日、直接会場にお越しください。
お問い合わせ先大阪赤十字病院国際医療救援部
06-6774-5111(内線2125)
imr@osaka-med.jrc.or.jp

平成28年6月14日

[終了]「あじさいコンサート」の開催について

 当院では、入院患者さんやそのご家族ならびにご来院の方々を対象としたコンサートを開催しております。今回はピアノ、金管楽器演奏等を予定しておりますので、ぜひご来場ください。

開催日時平成28年6月25日(土)14時00分開演
場所

本館2階総合ホール

平成28年6月6日

熊本地震における当院の対応について(7)

大阪赤十字病院は、発災直後から熊本県南阿蘇村長陽においてフィールドホスピタルを展開し、診療を続けてきましたが、5月に入り地元で仮設診療所を開設する目途がついたということで、当院のホスピタルdERU(フィールドホスピタル)を、5月16日に撤収しました。
発災からの約1か月間で、1,070名の被災者の方々を診療しました。
キッズルームは、親子合わせて延べ約300名の方が利用されました。
日赤としては、これからこころのケアチームが、中長期にわたって支援を継続する予定です。
避難所で生活する人々の人数も徐々に減ってきていますが、復興にはまだまだ長い道のりです。
一日も早い熊本の復興を心から願っております。
また当院として、今後も必要な支援は続けて行っていく準備をしております。


1ヵ月南阿蘇で診療を続けてきた
ホスピタルdERU


テント内での活動


テント内での診療の様子

平成28年5月18日

熊本地震における当院の対応について(6)

地震発生から約3週間が経過し、当院がフィールドホスピタル(仮設診療所)を展開している南阿蘇では、日中、暑い日も多くなってきました。
隣接する南阿蘇中学校体育館には、依然として200~250名が避難しておられます。
一日の患者さんの数は40~50人くらいで横ばいになっており、ほとんどの方が軽症です。
一方で今後は、長引く避難所生活によって起こる可能性が危惧される、様々な疾病の予防や治療に傾注する必要があります。


フィールドホスピタルの手術室を利用して、
口腔ケアチームが歯の治療を行う


小児科医が子供の診察を行う


(左奥)当院が設置したキッズルーム、
(中央)当院設置のフィールドホスピタル、
(右)和歌山県薬剤師会が派遣した
モバイルファーマシー

平成28年5月11日

熊本地震における当院の対応について(5)

南阿蘇村の長陽地区でフィールドホスピタルを展開している大阪赤十字病院は、長引く避難所生活の子供に遊び場を提供するため、テント一張りを立てて、中におもちゃや軟らかいボールを入れた「キッズルーム」を作り、4月29日から役場と共同で運営しています。
テント内には、常時、職員もしくは現地ボランティアさんが入り、けがのないように子供たちを遊ばせています。
キッズルームは、海外では“Child Friendly Space”と呼ばれ、災害後に設営されます。
日本赤十字社では、昨年のネパール地震の際に医療支援と共に、診療所前に子供用テントやバドミントンコートなどを作って、現地の子供の遊び場を提供しました。
日赤において、国内で医療支援と共にこのような試みを行うのは、今回が初めてです。
毎日、15~20名の子供たちが遊びに来ています。


キッズルームの外観


キッズルーム内で行われたゲーム大会


子供たちがボランティアと救護員と
ふれ合う

平成28年5月11日

熊本地震における当院の対応について(4)

大阪赤十字病院のフィールドホスピタルは、すべてを展開すると、手術室やレントゲン室以外に、集中治療室(ICU)、中央滅菌室、陰圧室、オフィステント、病棟など、野外に病院を設営できる規模となっています。
今回はこれらのうち、外来棟と手術室兼分娩室、そしてレントゲン室を展開しています。
また、簡単な血液検査も可能です。
これらは、すべて大阪からトラック3台とマイクロバス1台で、陸路で搬送しました。
さらに、電気をまかなう発電機と蓄電池も持参し、自己完結で活動が行える状態になっています。
テントは二重構造で、1~2年でも維持できるテントを立てています。


手術室・分娩室


血液検査機器と備品一式


レントゲン室の外観

平成28年5月10日

熊本地震における当院の対応について(3)

4月下旬になり、避難所は徐々に縮小傾向にありますが、阿蘇立野病院が崩壊して廃院となってしまった南阿蘇・長陽地区では、本院のフィールドホスピタルが唯一の医療機関となっています。
しかも、南阿蘇村全体でレントゲンが撮れる施設は、ここしかありません。
現在、テント一張りを阿蘇立野病院に勤めておられた医師にお貸しして、共同で診療を続けています。
一時みられた下痢の症例は、ほぼ収束しています。
現在は、南阿蘇中学校の避難所と長陽地区の住民の皆様のためのテントクリニックの運営と、西小学校避難所の巡回診療を維持しています。


南阿蘇で唯一、レントゲンが撮れる
当院のクリニック


天候が悪い日も、患者は訪れる


テント内で、様々な打ち合わせを行う

平成28年5月10日

熊本地震における当院の対応について(2)

4月16日の発災当日に本院を出発したホスピタルdERU(災害対応の野外病院)は、マイクロバス1台とトラック3台で南阿蘇村に運搬し、現地で展開して診療を行っています。
当院のホスピタルdERUは、レントゲンや手術室テントもあり、発電機も備えた自己完結型のフィールドホスピタルで、停電、断水状態(20日に復旧)にあった南阿蘇地区の中核医療施設として機能しています。
人員は、20日に初動班(18名)から第2班(17名)に引き継がれ、ホスピタルdERUでの診療と、隣接する阿蘇南中学校(避難者約500名)の健康管理と、西部小学校避難所(避難者約150名)への巡回診療を行っています。
23日には第3班が出発し、現地の状況によって被災者に寄り添い、活動を継続していきます。


地元保健師からの避難所の情報を聞き取る
(4月18日)


フィールドホスピタルで診療を行う
当院医師(4月20日)


阿蘇南中学校前に設営した
フィールドホスピタル

平成28年4月21日

熊本地震における当院の対応について(1)

4月14日(木)21:26、熊本県熊本地方でマグニチュード6.5の地震が発生しました。
この地震災害を受け、大阪赤十字病院は、地震直後(15日(金)午前1時30分ごろ)にホスピタルdERU(フィールドホスピタル医療資機材)と共に医師、看護師など15名から成る医療救護班を派遣しました。

平成28年4月15日

[終了]「スプリングコンサート」が開催されます

当院では、入院患者さんやそのご家族ならびにご来院の方々を対象としたコンサートを開催しております。今回はピアノ、エレクトーン、アイリッシュハープの演奏と歌唱を予定しておりますので、ぜひご来場ください。

開催日時平成28年3月20日(日)14時00分開演
場所

本館2階総合ホール

平成28年3月16日

PEACE緩和ケア研修会の開催について〔申し込みの受付は終了しました〕

厚生労働省による「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」に基づき、地域の医師を対象とした緩和ケア研修会を開催いたしますので、ご案内いたします。

開催日時平成28年4月29日(金) 8:30~17:50
平成28年4月30日(土) 9:00~16:10
開催場所たかつガーデン(大阪市天王寺区東高津町7番11号)
参加費無料
但し、お弁当・茶菓子代(2日分)として、当日3,000円を徴収いたします
対象者がん診療に携わる医師 定員30名
申込締切平成28年3月4日(金)(定員超過の場合は、抽選とさせていただきます)
お申込み緩和ケア研修会参加申込書にもれなくご記入の上、FAXまたは電子メールでお申し込みください
FAX    06-6774-3239
電子メール  byoureki@osaka-med.jrc.or.jp
※ 受講可否については、3月18日(金)までにお知らせいたします
参加申込書
プログラム
緩和ケア研修会参加申込書(Word形式)
緩和ケア研修会プログラム(PDF形式)
お問い合わせ先大阪赤十字病院 診療情報管理課
TEL 06-6774-5111(内線 2302)

平成28年02月17日

ウガンダ北部医療支援事業および赤十字国際委員会(ICRC)南スーダン紛争犠牲者救援事業活動職員による帰国報告会の開催について

 大阪赤十字病院は、内戦終息後も十分な医療が行き届いていないウガンダ北部のカロンゴにある病院へ、平成27年11月中旬から医師を診療支援のため2カ月間派遣しました。
 また、長年にわたる内戦の影響と、平成23年の独立後の民族間の対立により死傷者や避難民が後を絶たない状況である南スーダンへも、外科巡回診療と病院支援のために平成27年11月中旬から医師を派遣しました。
 ウガンダならびに南スーダンの生の情報を報告しますので、どうぞご来場ください。

日時 平成28年2月16日(火)18時から19時まで
場所大阪赤十字看護専門学校 1階合同教室
大阪市天王寺区筆ケ崎町5-30(大阪赤十字病院敷地内)
報告者光森 健二 泌尿器科部副部長(ウガンダ北部医療支援事業)
渡瀨 淳一郎 救急科部副部長兼国際医療救援部副部長
参加費無料
その他事前受付は行っておりません。当日、直接会場にお越しください。
お問い合わせ先大阪赤十字病院国際医療救援部
06-6774-5111(内線2125)
imr@osaka-med.jrc.or.jp

平成28年2月10日

赤十字国際委員会(ICRC)シリア難民救援事業(レバノン共和国)活動職員による帰国報告会の開催について

大阪赤十字病院は、レバノン国内におけるシリア紛争犠牲者救援のため、北部トリポリのアル・シーファ病院に看護師を平成27年10月から3か月間派遣しました。
 レバノンでは、現在も終息の兆しが見えない隣国のシリア内戦において、難民や紛争で負傷した人々の流入が続いています。
 このたび、ICRCの一員として現地の病院で活動した看護師が、レバノンの活動と共に現在の中東情勢について、現地の生の情報を報告しますので、どうぞご来場ください。

日時平成28年2月4日(木)18時から19時まで
場所大阪赤十字看護専門学校 1階合同教室
大阪市天王寺区筆ケ崎町5-30(大阪赤十字病院敷地内)
報告者池田 載子 大阪赤十字看護専門学校兼国際救援課長(看護師)
参加費無料
その他事前受付は行っておりません。当日、直接会場にお越しください。
お問い合わせ先大阪赤十字病院国際医療救援部
06-6774-5111(内線2125)
imr@osaka-med.jrc.or.jp

平成28年1月29日

人間ドックの新規オプション検査の実施について

これまで、健診者の皆さまからご要望がありました「膵臓検査セット」を、平成28年1月4日から開始しましたので、ご案内します。
「おすすめのオプション検査」については、こちら

平成28年1月08日

[終了]外来診療休診のお知らせ

当院並びに附属大手前整肢学園では、年末年始期間中の外来診療を、次のとおり休診いたしますので、ご承知おきください。

平成27年12月29日(火)から平成28年1月3日(日)まで

・ただし、急病の場合は、救命救急センターにて対応いたします。
・なお、年始は1月4日(月)から通常どおり診療を行います。

平成27年12月09日

[終了]「クリスマスコンサート」の開催について

当院では、入院患者さんやそのご家族ならびにご来院の方々を対象としたコンサートを開催しております。今回は、ピアノや金管楽器演奏を予定しておりますので、ぜひご来場ください。

開催日時平成27年12月12日(土)14時00分開演
場所

本館2階総合ホール

平成27年12月3日

[終了]第6回 糖尿病オープン教室の開催について

第6回 糖尿病オープン教室を次のとおり開催します。糖尿病は、発症予防、早期発見・治療、合併症の予防が重要です。生活習慣病といわれる糖尿病は、元気な今、治療を始める時です。皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

今年の全国
糖尿病週間のテーマ
「ライフステージにあわせた糖尿病治療」
教室のテーマ 糖尿病の治療についてもっと知ろう!
開催日時平成27年11月11日(水)13時30分から15時30分
場所当院本館1階 正面玄関ロビー
講演・講師・「クイズで学ぼう糖尿病」
 小杉 圭右 こすぎ内科クリニック院長
・「もっと知りたい!?血液検査」
 田﨑 亜矢子 当院臨床検査技師・日本糖尿病療養指導士
・「知って得する糖尿病と薬」
 能木 沙織 当院薬剤師・日本糖尿病療養指導士
内容・日本糖尿病療養指導士による血糖測定、血圧測定など
・医師・日本糖尿病療養指導士による健康生活相談
参加費・お申込み無料です。直接、会場にお越しください。
お問い合わせ先大阪赤十字病院 医療社会事業課(本館2階⑧番窓口)
・電  話:06-6774-5151
・受付時間:平日の8:30~17:00

平成27年11月2日

[終了]大阪赤十字病院 市民公開講座の開催について

大阪赤十字病院 市民公開講座を、次のとおり開催しますので、皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

テーマあなたは大丈夫ですか? 今どき生活習慣病
開催日時平成27年11月21日(土)14時00分から15時30分
場所生駒市生涯学習施設 たけまるホール 小ホール
奈良県生駒市北新町9-28
講師稲田 司 循環器内科部長
参加費無料
お申込み「詳しくはこちら」にある参加申込書に、
①お名前(ふりがな)、②年齢、③性別、④電話番号
をご記入いただき、FAXにてお申込みください。
お問い合わせ先大阪赤十字病院「市民公開講座」参加申込係
電 話:06-6373-6629
FAX:06-6374-0209

詳しくはこちら

平成27年10月14日

[終了]院内災害訓練の実施について

10月1日(木)午後から、院内災害訓練 を実施いたしますので、外来診療を休診いたします。 どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

平成27年10月01日

[終了]「セプテンバーコンサート」が開催されます

当院では、入院患者さんやそのご家族ならびにご来院の方々を対象としたコンサートを開催しております。今回はピアノ演奏やソプラノ歌唱を予定しておりますので、ぜひご来場ください。

日時 平成27年9月13日(日)14時00分開演
場所 本館2階総合ホール

平成27年9月10日

[終了]第12回市民公開講座の開催について

第12回市民公開講座を次のとおり開催しますので、皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

テーマ「あきらめない肝がん治療」
開催日時平成27年10月17日(土)13時30分から15時00分
場所大阪赤十字看護専門学校 1階合同教室(大阪赤十字病院敷地内)
講師有本 明 第一消化器外科部長・外科統括部長
木村 達 第二消化器内科部長
入場料無料
お問合せ先大阪赤十字病院 診療情報管理課
06-6774-5111(内線2302)

平成27年9月9日

[終了]「あじさいコンサート」が開催されます

当院では、入院患者さんやそのご家族ならびにご来院の方々を対象としたコンサートを開催しております。今回はバイオリンやフルートによる器楽演奏を予定しておりますので、ぜひご来場ください。

日時 平成27年6月21日(日)14時00分開演
場所 本館2階総合ホール

平成27年6月12日

[終了]外線電話の通信障害のお知らせ

当院の電話交換機を、下記の通り工事を実施します。工事期間については、病院へのお問い合わせの電話が通じにくくなります。
 ご不便をおかけしますがご理解の程、宜しくお願いいたします。

工事期間平成27年5月3日(日)0:00~8:00
平成27年5月5日(火)0:00~0:30

平成27年4月28日

スマートフォンサイトの開設について

平成27年4月20日(月)から、当院スマートフォンサイトを開設しました。
当院の外来や入院のご案内など、患者さんや当院ご利用の方々にお役に立つ情報を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

平成27年4月20日

通堂 満 副院長兼血液内科部長による解説記事の掲載について

通堂 満 副院長兼血液内科部長が、新聞紙面で急性骨髄性白血病について解説しておりますので、
どうぞご覧ください。

掲載紙日本経済新聞夕刊
掲載日平成27年2月20日(金)
掲載コーナー「元気ナビ」

平成27年2月25日

当院ホームページのリニューアルについて

 大阪赤十字病院のホームページは、平成27年1月24日(土)にリニューアルしました。
 
 大阪赤十字病院のサイト内検索機能は、Google社が提供する検索サービスを利用しています。
 リニューアルに伴い、各ページのアドレスが変更されましたので、検索結果のリンク先ページがエラーになる可能性がございます。 これは、サイト内検索機能で使用しているGoogle検索が新ホームページを認識せず、旧ホームページの情報を表示するためです。
 Google検索が新ホームページを認識できるまでしばらく時間がかかりますので、その間ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

平成27年01月24日

平成26年のお知らせを見る >